2018年 5月 23日 (水)

トヨタ、エンジン車のみの車種ゼロへ 2025年頃までに

印刷

   トヨタ自動車は2017年12月18日、25年頃までにエンジン車のみの車種をゼロにすると発表した。世界で販売する全車種を、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)といった電池とエンジンの両方で駆動する電動グレード設定車か、電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)などの電動専用車にする。

   EVは20年以降、中国を皮切りに導入を加速させ、20年代前半には世界で10種以上に拡大する。HVもハイブリッドシステム(THS II)の高性能化や、ハイパワー型や簡易型など多様化し、ラインアップを拡充する。

   トヨタは12月13日、世界販売台数に占める電動車の割合を現在の15%から30年頃には50%以上に引き上げる方針を表明。30年に販売台数を550万台以上に増やし、EV・燃料電池車(FCV)の販売台数も100万台以上を目標に掲げる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中