ブルゾンちえみ「急に頭を殴られた様な...」 交流のあった「SHINee」のジョンヒョン急死で心情吐露

印刷

   「急に頭を殴られた様な、本当に、全くもって信じられなすぎて」――。お笑いタレントのブルゾンちえみさん(27)が2017年12月19日朝、ツイッターでそんな悲痛な心情を吐露した。

   ネットでは、韓国の人気アイドルグループ「SHINee」のジョンヒョンさん(享年27)の急死へのコメントとみられており、「私もまだジョンヒョンが亡くなったの信じられません」「ありがとう」とのリプライが届いている。

  • 「SHINee」が所属する芸能プロダクションは公式サイトに哀悼のメッセージを掲載した。
    「SHINee」が所属する芸能プロダクションは公式サイトに哀悼のメッセージを掲載した。

「皆さんの心の中で、貴方はこれからも輝き続けると思います」

   ブルゾンさんはツイッターで、

「急に頭を殴られた様な、本当に、全くもって信じられなすぎて、信じたくないけれど、、本当に、たくさんたくさん『頑張ろう』という気持ちをたくさん与えてくれてありがとう」

と投稿。

「素敵な気持ちを与えてくださってありがとう。皆さんの心の中で、貴方はこれからも輝き続けると思います。本当にありがとう」

と感謝の言葉を繰り返した。

   ブルゾンさんとSHINeeは、2017年1月からSNSをきっかけに交流を続けていた。

   ブルゾンさんは1月、お笑い芸人のもりせいじゅさんとお笑いコンビ「クロコップ」、「with B」ことブリリアンの計6人で撮影した「with ○○」写真をインスタに投稿。するとSHINeeのキーさんがコメント欄に

「omg i love you sooooooooooo much, おもしろい!!!」

と書き込んだのだ。ブルゾンさんも当時、

「驚くことに、SHINeeのキーさんが、ブルゾンのinstaにコメントしてくれていました。wow、、、」(2017年2月のツイート)

と驚きを隠せなかった。

SHINeeメンバーと「with ○○」を披露した

   ブルゾンさんは他にも、SHINeeと意外なつながりを持っている。かつて自身にダンスを教えてくれたダンサーの「YORITO」さんがSHINeeのバックダンサーになっていたと、2017年2月のインスタで明かした。

   この接点もあってか、4月12日の同グループ公演「SHINee WORLD 2017~FIVE~」(さいたまスーパーアリーナ)では、ブルゾンさんが観客席の最前列で観戦していたとの目撃情報がSNSを駆け巡ることに。

   ブルゾンさんは実際、同日のインスタでキーさんとの「BURUZON CHIEMI WITH KEY」写真を投稿した。

   ブルゾンさんとSHINeeの関わりを知るファンは、冒頭のブルゾンさんのツイートに、

「私もまだジョンヒョンが亡くなったの信じられません。どうか彼が安らかに眠れますように」
「本当に...心の中でずっと輝き続けていくと思います。素敵な笑顔しか思い浮かばないです。これからもシャイニーを見守っていきましょう」
「突然の事で...まだ、信じられないです。素敵な言葉をありがとう」

との声を上げている。

   SHINeeが所属する芸能プロダクション「エスエム・エンタテインメント」は公式サイトのトップページで、

「ジョンヒョンは誰よりも音楽を愛し、舞台を楽しみ、音楽を通じてファンとコミュニケーションすることが好きな最高のアーティストです。永遠に忘れません」

と哀悼の意を表した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中