2018年 5月 26日 (土)

消費期限をペンで「改ざん」 店主に動機と事情を聞くと...

印刷

   商品の消費期限などをペンで書き換えていたとして、さいたま市は2017年12月19日、同市岩槻区内にある個人商店に対し、食品表示法に基づき不適切な表示をやめるように命令した。

   なぜ、商品の期限表示を改ざんしようと思ったのか。70歳超だという女性店主は20日のJ-CASTニュースの取材に、「客に売るつもりは一切なかった。仕入れがままならないほど経営が厳しく、少しでも棚の見映えを良くしたかった」と話す。

  • 店頭に並んだ商品の賞味期限が…(画像はイメージ。記事とは関係がありません)
    店頭に並んだ商品の賞味期限が…(画像はイメージ。記事とは関係がありません)

市「健康被害は報告されていません」

   市の行政処分を受けた店舗は、高齢の女性店主が1人で切り盛りしている個人商店。食品や飲料のほか、雑貨や酒・たばこなど、コンビニのように幅広い種類の商品を取り扱っている。

   J-CASTニュースの19日の取材に応じたさいたま市食品・医薬品安全課の担当者によれば、店主は数字の「3」を「8」にしたり、「5」を「6」に書き換えたりして、食品の賞味期限や消費期限を改ざんしていた。

   店主が期限表示を書き換えていたのは、乳製品、パン、菓子、漬物、缶詰、レトルト食品など。改ざんは短いものでは数日単位だったが、なかには年単位で期限を書き換えていた商品もあった。

   表示の書き換えについて担当者は、「注意して見れば分かるような出来だった」とも話す。こうした商品を購入した客がいたかどうかについては「確認できていない」としたが、

「現時点では健康被害は報告されていません」

としている。なお、店主は市の調査に対して、改ざんの動機について「もったいないと思った」などと話したという。

   市は5月にも期限表示の改ざんをやめるよう店主に指導していた。しかし、12月になっても商品の改ざんが続いていたことが判明したため、今回の処分に至ったという。

店主「客に売るつもりは一切なかった」

   商品の期限をペンで書き換えていた女性店主は20日夕、J-CASTニュースの取材に対し、第一声で「本当に申し訳ないと思っています」。その上で、改ざんをした理由については、

「2年ほど前から客が激減し、仕入れもままならないほど経営が厳しくなっていました。期限が過ぎた食品を撤去すると棚が寂しくなってしまうので、少しでも見映えを良くするために、期限を書き換えた商品を置いていました。店を盛り上げたかったんです」

と話した。

   ただ、店主は「客に売るつもりは一切なかった」とも強調する。続けて、過去に期限を書き換えた食品を売ったことは「1度もなかった」と主張し、

「もし、客が期限切れの商品をレジに持ってきたとしても、事情を説明して断るつもりでした」

と訴えていた。

   こうした事情を説明した上で、店主は「やってはいけないことだとは分かっていました...」とポツリ。その上で、処分を受けたことについては「本当に反省しています。もちろん、今後は絶対にやりません。そこはどうか理解してほしいです」と懇願するような調子で訴えていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中