2018年 8月 17日 (金)

12月23日「天皇誕生日」はどうなる? 2月23日は「静岡県民には大問題」

印刷

   天皇陛下の退位をめぐり、国民の祝日である「天皇誕生日」についての検討が進められている。退位に向けた特例法では、天皇陛下が退位された後は、皇太子さまの誕生日の2月23日を天皇誕生日とすることが定められている。

   毎日新聞は2017年12月21日付朝刊で、政府が現・天皇誕生日の12月23日について、天皇陛下の退位後は平日とする検討に入ったと報じた。

「上皇の誕生日を祝日にすると事実上の『上皇誕生日』になり、新天皇の誕生日と併存して国民の目に『二重権威』と映る懸念がある」(第14版、1面)

としている。

  • 天皇陛下のお誕生日は12月23日(2017年8月撮影)
    天皇陛下のお誕生日は12月23日(2017年8月撮影)

菅氏「幅広い議論が必要」

   報道を受け、菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、

「皇室典範特例法には、国民の祝日に関する法律が定める『天皇誕生日』を12月23日から2月23日に改める規定がある。したがって、このまま皇室典範特例法が施行されれば、12月23日は平日になる」

と述べた。そのうえで、

「どのような日を国民の祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかについては、国民各層の幅広い議論が必要だと思う」

とした。

   これまでの天皇誕生日は、明治天皇は「文化の日」(11月3日)、昭和天皇は「昭和の日」(4月29日)として祝日に制定されている。今回は生前退位となることもあり、慎重に議論が進められている。

   そうしたなか、世間一般の人にとっては、祝日が増えるかどうかといった点が関心の的となっている。ツイッター上には様々な意見が寄せられている。

   現・天皇誕生日が平日になるかもしれないことについては、

「12月23日平日になるの悲しいな」
「平成の日になるんじゃないの?」
「ええやん祝ったれよ~~!!!」

といった反応が。12月唯一の祝日がなくなることへの抵抗も強い。クリスマスシーズンのウキウキ気分も相まって、12月23日を重要視する人もいる。一方で、年末の忙しい時期のため平日の方がありがたいといった声も。

年末の現・天皇誕生日、年度末の新・天皇誕生日

   新しく天皇陛下となる皇太子さまの誕生日は2月23日。初めての天皇誕生日となる2020年は、23日が日曜日のため3連休となる。しかし、不都合を訴える声もあがっている。

「年度末大忙し必至」
「年末調整繁忙期から確定申告繁忙期に変わっただけ」
「2月は建国記念の日もあって、かつ28日(29日)だからあっという間の月になりそう」
「静岡県民にとったら大問題 もともと2月23日は富士山の日だから祝日なんだよ!!!!!」

   なお、天皇陛下が退位されるのは2019年4月30日とされている。退位後は現・天皇誕生日が平日になるとすると、2019年は天皇誕生日がなく、国民の祝日が例年より1日少ない可能性も考えられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中