2019年 1月 22日 (火)

キタサンブラック圧勝! 引退レースで逃げ切り他馬を寄せつけず 有馬記念

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   クリスマスイブの2017年12月24日、中山競馬場11レースのグランプリ「第62回有馬記念」(GI、芝2500メートル)で、武豊騎手が騎乗した圧倒的1番人気のキタサンブラック(牡5=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が優勝した。

   勝ったキタサンブラックは、このレースで引退。ラストランで有終の美を飾った。オーナーは、歌手の北島三郎さん。競馬場を訪れた10万人超のファンが歓喜した。

  • 有馬記念が行われた中山競馬場
    有馬記念が行われた中山競馬場

「キタサン×武豊」の最強コンビ

   武豊騎手が騎乗するキタサンブラックは、好スタートから先手を奪うとペースを落としてレースを支配。直線半ばでは堂々と抜け出し、最後は外から追い込んできた馬を尻目に逃げ切った。勝ちタイムは2分33秒6(良)。

   1馬身半差の2着は8番人気で、このレースで引退するクイーンズリング(C・ルメール騎手)、さらにハナ差の3着にはジャパンカップ優勝馬のシュヴァルグラン(3番人気、H・ボウマン騎手)だった。

   武騎手はレース後、「最高にうれしい。このような名馬と巡り会えて光栄です。スタートした後は、迷いなく先手を取りにいきました。最後はがんばってくれ、という思いで追いました。レース後はありがとう、ご苦労様と声をかけました」と語った。

   キタサンブラックと武騎手を、NHKのレース解説の鈴木康弘元調教師は「ゲートに入ったときに、(キタサンブラックが)少し嫌がったときに、武騎手がやさしく撫でてあげてなだめると、好スタート。あとは自分のペース。ゴール直前、馬も疲れてくるとフォームを崩すんですが、この馬はそれもないんですね」と評し、その強さに舌を巻いた。

   キタサンブラックと武豊騎手、まさに最強のコンビだったようだ。

オグリキャップ、ディープインパクトに続く3勝目

   有馬記念に優勝したキタサンブラックは、JRAのGIレース通算7勝。これは、シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに並ぶ歴代最多タイ。また、獲得賞金でもテイエムオペラオー(18億3518万9000円)を抜き、賞金ランクで歴代1位となった。通算戦績は20戦12勝。

   武豊騎手の有馬記念は、1990年のオグリキャップ、2006年のディープインパクト以来の3勝目で、過去2勝も引退レースだった。

   ツイッターなどに寄せられた声には、「(キタサンブラックに)お疲れさま」とともに、引退を惜しむ声も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中