TOKIO城島、渾身ダジャレ「スルー」されTAKE2 松岡「さっきの方が良かった」

印刷
「カミさんの話をしたいんですけど、カミセンが先になったので...」

   「TOKIO」が、大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」リハーサル初日(2017年12月29日、NHKホール)に登場。城島茂さん(47)は記者団の取材で、所属事務所の後輩「V6」の年少3人組「カミセン」(森田剛さん、三宅健さん、岡田准一さん)になぞらえたダジャレで岡田准一さん(37)の結婚発表に触れた。

  • せっかくのダジャレも…
    せっかくのダジャレも…

国分さん「用意していましたね~」

   城島さんは「リーダーの結婚はまだなのか」と質問を受け、「カミさんの話をしたいんですけど、カミセンが先になったので...」とコメント。国分太一さん(43)は「用意していましたね~」、松岡昌宏さん(40)は「後輩をダシに使う」といじり倒した。

   その後も、

「今年1年を漢字一文字で表すと?」(記者)
「今年、『雲』という曲を出させてもらいました。僕らものらりくらり雲のようにやって来れたので、曲にもそんな思いが閉じ込められていた気がします」(長瀬智也さん)
「コイツ(城島さん)がいつも曇っているという」(山口達也さん)
「日差しがなくなっている」(長瀬さん)

といった具合に丁々発止のやり取りが続いたが、記者の1人が突然、「岡田さんが結婚されたそうですが、何かコメントを...」と質問を投げかける。

国分、松岡から総ツッコミ

   国分さんはこれに「今、言っていましたよ。カミさんじゃなくてカミセン」と指摘。松岡さんも「(先の話を)使わないってことですね!使ってもらっていいすか!(笑)」と総ツッコミ。城島さんはまたしても岡田さんの結婚発表にコメントするハメになった。

   「同じ釜の飯を食った同じジャニーズの仲間として喜ばしいです」。

   城島さんは淡々とそう答えたが、松岡さんが「ペン止めないでもらっていいすか?」と皮肉った上で、

「さっきの方が良かったと思うなあ」

と笑い飛ばしていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中