2018年 12月 16日 (日)

箱根「花の2区」は番狂わせ 学生長距離界のエースは不発、青学OB一色「周りを気にしすぎか」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   群雄割拠の「花の2区」は、予想外の番狂わせとなった。

   東洋大の相沢晃(2年)が中継所トップでたすきをもらうと、学生長距離界エースの神奈川大・鈴木健吾(4年)とほぼ同ペースで首位を独走。追い風のバックアップも受け、区間歴代7位の好タイムを叩き出し、トップでたすきを渡した。一方、鈴木ら本命の選手たちはというと...

  • 東洋大がトップを守った(画像は日本テレビの箱根駅伝ページより)
    東洋大がトップを守った(画像は日本テレビの箱根駅伝ページより)

「相沢くんの走りは素晴らしい」

   2区のレースは、神奈川大の鈴木と青山学院の森田歩希(3年)、東海大の阪口竜平(2年)が2位集団で東洋大の相沢を追走する形となった。だが相沢のテンポ良い走りを前に、3人はその差を縮められない。

   難所のひとつ、権太坂。東洋大の相沢は2位との差をたすき受け取り時の二倍の40秒差に広げる快走。これに対して鈴木は青学・森田に抜かれたり追いついたりの苦戦。この想定外のシーンに原因を問われた昨年、青学エースだったOBで解説の一色恭志は、

「僕もそうだったんですが、周囲を気にし過ぎかもしれませんね」

   結局、鈴木は前年タイムより9秒遅い1時間7分26秒に終わった。

   首位の東洋・相沢は歴代7位の好タイム、1時間7分18秒でたすきリレー。森田と山梨学院大のニャイロ(3年)が3秒速い1時間7分15秒で走ったが、相沢の好走が光った。 解説の渡辺康幸氏も区間中盤で

「相沢くんの走りが素晴らしい」

と絶賛していた。

   一方、鈴木と共に注目された阪口は1時間8分55秒。リオ五輪3000メートル障害に出場した「オリンピアン」で、順天堂大のエース・塩尻和也(3年)も1時間9分26秒と不調に終わった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中