2018年 12月 11日 (火)

首位で走るのは有利! 箱根4区、またも東洋大1年生、「瞬間区間新」の走り 「先導車が風よけ」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東洋大が1区に続いて1年生の吉川洋次(1年)が4区で快走を見せた。首位でたすきを受け、トップを守り続けた。

   解説の大迫傑によると、トップで走るのは有利だという。「先導車もいて風よけになるんです」。

  • 画像は箱根駅伝の公式サイトから
    画像は箱根駅伝の公式サイトから

「一番は気持ち良く走れます」

   4区の距離は前年大会から、18.5キロから20.9キロに2.4キロ延びた。細かなアップダウンが20カ所以上もあり、走り方が難しいとされる。これまで下級生の「登竜門」的区間だったが、山上りの5区へバトンを受け渡す意味でも大事な「準エース」区間となった。

   首位の東洋大がこの重要な区間を託したのは、1年生の吉川洋次だ。解説の瀬古利彦氏が「顔もフォームも最初と変わらない」と舌を巻く走りで、序盤から淡々とペースを刻んだ。

   同じく解説の一色恭志(GMOアスリーツ)はこうしてトップをひた走る利点について、

「やはり一番は気持ち良く走れます」

と指摘。目の前の先導車が風よけになる長所もあるという。

   吉川は後半に入っても、順天堂大の栃木渡(4年)が前年度に樹立した区間記録を1分以上上回るペースで走り続けた。吉川が異次元の領域に入っているように見えたと、解説席の大迫は言う。

「堂々としていて、ゾーンに入っているなと。周りの声などがシャットアウトされて自分の世界に入っているな、という印象です」

   ちなみに、区間賞は神奈川大・大塚倭(4年)の1時間2分21秒だ(区間新記録)。吉川はこの記録よりわずか1秒遅い1時間2分22秒だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
iQos_JC.jpg
ウチの旦那、煙草吸うんですけど... 揉めずに上手く解決するには?

11月22日は「いい夫婦の日」。パートナーとよりよい関係を築いていくために、日々の暮らしやコミュニケーションについて改めて考えるいい機会です。もしもパートナーに対して悩んでいることがあるのなら、これを機に「夫婦で話し合い」をしてみるのもいいかもしれません。思っていることや考えていることは、口に出さなければ伝わらないもの。「私たちが、今より、いい関係」になることを目指し、ポジティブに話し合うことが大切です。

PR 2018/11/19

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中