2018年 11月 18日 (日)

銀行はグーグルに取って代わられる? 江上剛氏に聞く【どうなる2018年<7>】

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   1990年代後半の金融危機、2008年のリーマンショックを乗り越えてきたメガバンクや地方銀行がいま再び、試練を迎えている。経営の足を引っ張る、一番の要因は日本銀行のマイナス金利政策。運用収益が上がらないうえ、伸ばさなくてはならない企業融資はさっぱり。稼ぎ頭のカードローンやアパートローンは「行き過ぎ」でブレーキをかけざるを得なくなった。元気を取り戻したかにみえる銀行界だが、なにやら雲行きが怪しくなってきた。

   作家で、元メガバンクで支店長などを歴任した江上剛氏に、2018年の銀行界を占ってもらった。

  • 「グーグルが銀行に代わる時代がやって来る」と話す、江上剛氏
    「グーグルが銀行に代わる時代がやって来る」と話す、江上剛氏

メガバンクは日本を見捨てた?

   ――日銀がマイナス金利政策を導入して5年。2017年の銀行界は、その影響が表面化してきました。銀行の現状を、どのように見ていますか。

江上「確かに、マイナス金利はだいぶ効いてきていますね。なかでも、国内、地域の特化している地方銀行などは企業融資が伸ばせないうえ、融資できたとしても貸出金利ザヤが稼げず、収益が悪化しています。その一方でメガバンクは、たとえば三菱UFJ(フィナンシャル・グループ)などの海外向け利益が4割にのぼるといいます。メガバンクは海外に収益源を求めるようになっていて、国内向けは店舗の統廃合や人員削減策を打ち出すなど、厳しい状況になったなと感じています」

   ――メガバンクは、日本を見捨てたと?

江上「そう思われても仕方がないですよね。でも、メガバンクも必死ですし、変わってきてはいます。たとえば、海外事業です。日本に収益機会がなくなったからといった発想で、海外へ進出しているわけではなく、最近は現地の銀行になろうとしています。
従来であれば、海外に進出した日本企業の現地での事業がうまく回るよう、資金面を含め支援してきたのですが、それが地元の現地企業への融資で得た利益を、現地に還元するという発想になった。だから、現地企業を相手にビジネスを展開できるよう、現地の金融機関を買収するケースが増えています。海外事業に、本気で取り組もうという表れです。
一方、少子高齢化にみられるように、国内だけで収益を上げていくのが難しくなっていることは事実です。ですから、国内事業を効率化しようということは理解できないことはありません。ただ、やるべきことをやり尽くしたかといえば、そうではありませんね」

   ――どういうことでしょう?

江上「銀行業務は為替、預金、融資の3つが柱です。企業に資金を回すことで、社会インフラとしての役割を果たしているんだという自負がありました。勤めている銀行員も、『社会のため』という意識が強かった。とはいえ、漫然とそれに甘んじてきたことも事実です。簡単に言えば、なにもやってこなかったんですよ。
金融危機があって、生き残りのためにメガバンクができることはあった。でも、不良債権は処理したけれど、お客のためになにかをやったわけではない。そもそも、メガバンクはリテールなんて少しもやってこなかったんです。それは、わたしが支店長の時代からでしたよ。
たとえば公共料金は、今なら銀行に行かずとも、コンビニで支払えます。それどころか、銀行員がいる店舗を減らして、ATMですらセブン銀行のようなコンビニに任せようなんてことになっています。
つまり、銀行が追求してきた利便性、効率性は銀行のためであって、お客様のためではない。逆に、流通業などは『お客様のために』が企業風土として染み着いているので、お客のためになれば、貪欲に、積極的に取り入れていきます。だから、銀行の本業である為替(振込業務)がコンビニで、できるようになったんです。
海外送金だって、もはやビットコインのような仮想通貨や電子マネーにとって代わる時代ですよ。お客に背を向けたままでは、銀行がグーグルにとって代わられる日もそう遠くありませんよね」

   ――銀行員はどう思っているのでしょうか。

江上「現場の銀行員も不満を募らせています。なかでも若手は、『お客様の、企業の、社会の役に立ちたい』と思う、入行時の気持ちが強いですからね。それなのに、実際にやらされる仕事は、投資信託を売ったり保険商品を売ったりして手数料収入を稼ぐことばかり。そういったことに嫌気がさしています。働くことへのモチベーションなど上がりません。これは最悪ですよ」

もっと掘り起こせ! 企業の資金ニーズはある

   ――企業は内部留保を蓄えていますし、銀行の企業向け融資が伸び悩んでいます。企業の資金ニーズは本当にないのでしょうか?

江上「資金ニーズがなくなることはありません。もっと掘り起こせばいいんです。最近はソーシャルレンディングやクラウドファンディングの市場も1000億円市場に伸びていますよね。それを考えても、資金ニーズがないなんていうことはないし、スタートアップしたい人、企業はたくさんあります。
それどころか、銀行はベンチャー企業が資金を借りるとしても、『借入れ金額が小さい』『信用がない』と、理由をつけては融資を断るんです。最初からピカピカな企業なんて、どこを探してもありませんよ。そんなことだから、銀行は見放されるんです。ビジネスでも、生活でも、銀行がなくなってもなんら支障がなくなっているのに、銀行はそれに気づいていないんです」

   ――国内、地域金融の担い手である地方銀行も、マイナス金利の影響で疲弊しています。

江上「企業融資が伸びていないうえ、余資(資金)運用も利益が出にくくなっています。株式運用の比率を高めるなど、なんとか遣り繰りしているのが現状でしょう。
ただ、メガバンクに比べれば、やり方ひとつでまだまだやれますよ。たとえば、鹿児島銀行は農業や酪農に活路を見出しました。これまでは農作物の加工品にはお金を貸してきましたが、銀行員が酪農家に出向き、じかに牛に携わることでその良し悪しまで理解できるようになった。いわゆる目利きができるようになり、それが融資につながった。
これまでは机上のうえで考えてきたから、どこまで信用していいものか踏み込めなかった。借りる側も、銀行員が自分たちのことを理解していないのに、上から目線で偉そうに言うことに苛立っていた。本当にわかろうとする、その姿勢が必要だったんです。お客様のために、を考えれば、やるべきことはあるはずです」

   ――銀行界は厳しい経営環境にあるようですが、2018年はどうなるのでしょう?

江上「文字どおり、試練の年ですね。なにしろ、お客様が『銀行なんて、いらない』って言いはじめているんですから。これまで銀行は、自分たちが生き残るために、貸しはがし、貸し渋り、なんでもやってきた。企業は銀行があってのものと、思っているんです。それが間違いだということを、しっかり自覚しないとダメでしょうね。2018年はそういったツケが回ってくる年だと思います。
もう一度、本業である為替、預金、融資を考え直し、利益ありきの経営体質を改善しないと、本当に見放されるでしょうね。グーグルが銀行にとって代わる時代が迫って来ています」

   江上 剛(えがみ・ごう)プロフィール

作家。1954年兵庫県生まれ。早稲田大学卒業後、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)入行。同行築地支店長などを務める。2002年『非情銀行』で作家としてデビュー。03年に銀行を退職。『不当買収』『企業戦士』『小説 金融庁』など経済小説を数多く発表する一方で、『会社という病』(講談社+α新書)などのビジネス書も手がける。近著に『病巣 ~巨大元気産業が消滅する日』(朝日新聞出版)、『クロカネの道 ~鉄道の父・井上勝』(PHP研究所)がある。


今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中