大発会、26年ぶり高値水準 終値2万3506円

印刷

   東京株式市場で、2018年最初の株取引となる大発会が1月4日行われ、日経平均株価の終値は前営業日(2017年末)比741円39銭高の2万3506円33銭だった。

   1992年1月以来、約26年ぶりの高値水準となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中