2018年 10月 15日 (月)

ガキ使・浜田「黒塗り」、BBCも報道 一方フィフィは「黒人に扮しただけで...」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で
「黒人に扮しただけで差別って?そう指摘する人達こそ、優劣を付けて人種を見てる気がする」

   ダウンタウン・浜田雅功さん(54)の「黒塗りメーク」騒動をめぐり、エジプト出身のタレント・フィフィさん(41)が持論を展開した。

  • 番組公式ツイッターより
    番組公式ツイッターより

「ふつうに黒人が笑っとんねん」

   騒動の発端は、2017年大みそか放送の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!大晦日年越しスペシャル!『絶対に笑ってはいけない』シリーズ」(日本テレビ系)。

   浜田さんは番組の中で、映画「ビバリーヒルズ・コップ」主演のエディ・マーフィーに扮し、顔を黒く塗って登場するシーンがあった。

   「黒塗り」姿は35分ほどだったが、終始

「ふつうに黒人が笑っとんねん」
「ずっと一緒は(笑いをこらえるのが)しんどい」

などと、出演者の笑いを誘った。

   番組の公式ツイッターでも、当該シーンを写真付きで紹介。「爆笑した」「最高やな!浜ちゃん」と好意的な反応が寄せられたのだが......。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...