2018年 7月 19日 (木)

中国の底力「技術者ボーナス」 イノベーションの本番はこれから

印刷

   中国は現在、イノベーションブームの渦中にある。特に情報技術や家電などの分野におけるイノベーションと研究開発の能力が高まっている。この結果、労働力人口の増え方が全体の人口増より多くなる「人口ボーナス」が、中国では「技術者ボーナス」にバージョンアップしている。

   「技術者ボーナス」とはハイエンド製造業や科学技術業の発展に適応した新型の人口ボーナスを指す。製造業の雇用市場において、高等教育を受け、イノベーション能力を備えている人材は急速に増加し、低コスト労働力に依存していた中国の過去の競争モデルに取って代わりつつある。

  • 中国では文科系の大学が少なく、理科系の大学が圧倒的に多い。とくに、清華大学は数多くの理工科系の学生を排出している。
    中国では文科系の大学が少なく、理科系の大学が圧倒的に多い。とくに、清華大学は数多くの理工科系の学生を排出している。

1年に社会に出る760万人の大学・大学院生

   『中国統計年鑑』(2017年版)によると、2016年、中国には704万人の大学卒業生(アメリカの大学卒業生の4倍)と56万人の大学院生が輩出された。2017年の大学および大学院の卒業生も、例年のように3%増とすれば、780万人以上が社会に出ているはずだ。

   さらに、1978年からの改革開放政策で、2016年までに合わせて458万人が海外へ留学に行ったが、現在そのうちの265万人が帰国している。2016年に限って見てみると、留学した人の数は54万人だったが、帰国した留学生も43万人はいた。

   中国での大学の教育も質が長足の進歩を遂げている。2015年に中国の24大学が英クアクアレリ・シモンズ(QS)世界大学ランキングトップ500に入り、学校の数も世界第4位にランクインした。

   とくに、留学生の帰国が一つの潮流と、広発証券のレポートでは報告されている。2017年に人的資源・社会保障部、教育部、科学技術部、財政部など(日本の省に相当)が開いた「留学生帰国サービス業務部局間合同会議」のデータによると、中央政府は2016年までに海外ハイレベル人材を6000人以上招へいした。各地方政府が招へいしたハイレベル留学人材も5.39万人に達した。学業を終了し、帰国してキャリアアップの道を選んだ留学生の比率は2012年の72.4%から2016年には82.2%に増加した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中