2019年 11月 22日 (金)

あの女性ジャーナリストを「B○A」呼ばわり 音喜多都議が語った「謝罪」「有料記事クローズ」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   音喜多駿・東京都議(34)が、自身の有料ブログで用いたジャーナリスト・有本香氏に対する表現を「極めて不適切」だったとして謝罪した。

   音喜多氏は以前、ブログサービス「note」の有料記事で、一部を伏せ字にしながら、ネットスラングの「B○A」という言葉を使い、読者に「ババア」を類推させつつ有本氏を批判していた。今回謝罪したブログの中では「女性蔑視の意図は一切ありませんでした」と説明している。

  • 音喜多駿・東京都議会議員(写真は2017年10月撮影)
    音喜多駿・東京都議会議員(写真は2017年10月撮影)

「不適切なネットスラングを用いた発言について」

   音喜多氏は2018年1月14日、自身の公式サイト上のブログ(無料)を「【謝罪】不適切なネットスラングを用いた発言について」の見出しで更新した。

   まず、「有料限定記事を掲載できるサイトにて、お恥ずかしいながら『愚痴』のようなものを掲載することもありました。その中で、著名ジャーナリストである有本香氏の私への辛辣なご批判に対して、ネットスラングで女性蔑視の意味を類推される単語を用いてコメントいたしました。このことは、極めて不適切な行動であったと深く反省をしております」と経緯を説明した。

   有本氏は「真相深入り!虎ノ門ニュース」(DHCテレビ制作のウェブ番組)のコメンテーターなどをつとめるほか、東京都政に関する自著もある。

   ツイッター上には、音喜多氏が有本氏を批判した17年11月30日付のブログ記事のスクリーンショット画像が拡散されている。有本氏が同月29日、音喜多氏を批判する一般ユーザーに反応する形で、「くっついて利用し、使えなくなったと思えばしれっと離れて批判...小池さんの周りにはご本人によく似た人が集まりましたね。まさに類友」とツイッターに投稿していたのを引用し、音喜多氏は「このB○Aーー!」などと書いていた。

   約1か月半後の1月13日になり、一般ユーザーがこの「B○A」の表現を問題視したところ、有本氏がツイッターで反応。「こんな子供の悪口みたいなことを、極少数しか読んでいない私的な空間での陰口としてしか言えないような輩」と不快感を示していた。

   すると音喜多氏は14日未明、有本氏に「本件、不適切な表現を用いて非公開の場でコメントを致しましたこと、誠に申し訳ございません。ご指摘の通り、極めて子どもじみた行動でした。本来であれば直接謝罪に伺うところでありますが、まずは取り急ぎこの場でお詫びをお伝えしたく存じます」と謝罪のリプライを送付した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中