2018年 10月 16日 (火)

愛知県で販売のフグに有毒部位 2パックの行方不明

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   愛知県は、同県蒲郡市形原町の「スーパータツヤ」で販売されたフグに猛毒のある肝臓が含まれていたとして、2018年1月15日、当該商品の購入者に向けて食べずに同店に返品するようウェブサイトで呼びかけた。

   豊川保健所蒲郡分室が15日に消費者から連絡を受けて調査したところ、同日に販売された「ふぐ【鍋物・煮物用】」に肝臓が含まれていることが確認された。16日に更新された情報によると、販売した5パックのうち2パックの行方が分かっていないという。

   フグの肝臓を食べると、しびれや麻痺などの症状の他、重篤な場合には呼吸停止により死亡することもある。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...