てるみくらぶ社長ら3度目の逮捕 1億5000万をだまし取った疑い

印刷

   経営破たんした旅行会社「てるみくらぶ」社長で、詐欺罪で起訴された山田千賀子被告(67)ら2人が、2018年1月17日、財務状況を偽った決算書をもとに東日本銀行から融資目的で1億5000万円をだましとった疑いで再逮捕された。2人の逮捕は3度目となる。各メディアが報じた。

   てるみくらぶは経営状況の悪化を理由に17年3月27日に破産手続きを行い、すでに代金を支払っていた旅行者に大きな被害を与えた。また、破産手続き中の山田社長宅から、申告されていない現金約700万円が押収されたことも合わせて報じられた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中