2019年 12月 16日 (月)

もう「離れ小島の路線」とは言わせない 相鉄が「都内乗り入れ用」新型車両公開

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   神奈川県西部と横浜を結ぶ相模鉄道(相鉄)が2018年1月17日、都内乗り入れに向けた新駅の建設現場と新型車両を報道陣にお披露目した。

   相鉄は首都圏の大手私鉄の中では唯一都内に乗り入れておらず、現時点では「離れ小島で閉ざされた路線」(相鉄・滝沢秀之社長)。都内乗り入れで文字通り「相模の鉄道」から脱して知名度を上げ、沿線人口の増加を目指す。

  • 東急乗り入れ用に製造された「20000系」。2月11日から運行が始まる
    東急乗り入れ用に製造された「20000系」。2月11日から運行が始まる
  • 内装は天井を高くしたり荷棚をガラス製にしたりして、開放感を高めた
    内装は天井を高くしたり荷棚をガラス製にしたりして、開放感を高めた
  • ローカル線によくある「あのボタン」も…
    ローカル線によくある「あのボタン」も…
  • 建設中の羽沢横浜国大駅。線路も敷かれていない部分があり、壁や床はコンクリートがむき出しだ
    建設中の羽沢横浜国大駅。線路も敷かれていない部分があり、壁や床はコンクリートがむき出しだ
  • 相鉄は2019年度下期から22年度下期にかけてJRや東急に乗り入れる(相鉄のプレスリリースから)
    相鉄は2019年度下期から22年度下期にかけてJRや東急に乗り入れる(相鉄のプレスリリースから)

JR、東急の順で乗り入れる計画

   都心への乗り入れは2段階で進む。まずは相鉄の西谷駅(横浜市保土ケ谷区)とJR東海道貨物線横浜羽沢駅(同神奈川区)付近を2.7キロの連絡線で結ぶ。海老名を出発した相鉄の電車は、連絡線から横須賀線に入り、「湘南新宿ライン」のルートでもある武蔵小杉から、都内の大崎、渋谷を経て新宿方面に乗り入れる。19年度下期の開業を目指している。

   次の段階が東急への乗り入れ。やはりJR横浜羽沢駅付近から、東急東横線と目黒線が乗り入れている日吉駅(同港北区)まで約10キロにわたって連絡線を建設。22年度下期の開業後は田園調布を経て渋谷(東横線)や目黒(目黒線)に乗り入れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中