2018年 10月 16日 (火)

3敗目・稀勢の里に批判より同情 「泣き出しそうな小学生みたいな顔に...」 

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   大相撲の横綱・稀勢の里が2018年初場所4日目で3敗目を喫した。

   横綱で黒星先行という厳しい状況だが、集まったのは批判よりも同情の声だった。

  • 横綱・稀勢の里が3敗目(写真は田子ノ浦部屋のウェブサイトから)
    横綱・稀勢の里が3敗目(写真は田子ノ浦部屋のウェブサイトから)

「出てきては休み...どんどん自信が失われていく」

   初場所4日目の1月17日、稀勢の里は前頭2枚目・琴奨菊との一番。立ち合いで左を差したが、簡単に琴奨菊におっつけられ、突き落とされた。前日からの連敗となった。

   NHKの中継で解説を務めた鏡山親方は「厳しいですよね、1勝3敗ですから、気持ち的にも切れないといいんですけど」と心配し、実況の大坂敏久アナウンサーは「考えなければいけないことが出てくるかもしれない、という」とこぼした。鏡山親方は「そんなことを考えるのはいけないことなんですけどね。表情見ても...ねえ、まあ、立て直すように頑張って欲しいですけど」と返し、「何場所もずっとこういう状況が続いていますからね。出てきては休み...どんどん自信が失われていく」と慮った。進退について話しているのは明白だ。

   転がされた稀勢の里は、左拳と左膝を土俵につき、下を向いて一呼吸置いてから立ち上がった。白鵬の結びの一番を見るため土俵下に残った。

   一瞬の取り組みだった稀勢の里は、軽く呼吸を整えると暗い表情を見せた。唇を真一文字に結び、うつむいた。どこか目線は覚束ない様子で、一度深く息を吐いたが、目は変わらず虚ろだった。

「控えで泣きそうな顔 覚悟決めた感がある」

   そんな表情をテレビ越しに見た視聴者は、次々と案ずる声をあげた。ツイッターやインターネット掲示板では

「稀勢の里は引退かなぁ もう今場所無理やわってのが顔に出てる!」
「控えで泣きそうな顔 覚悟決めた感がある」
「キセ給食費忘れて今にも泣き出しそうな小学生みたいな顔になってる・・」
「死にそうな顔してたな あれはもうあかん」
「負けた後の顔が完全に目が虚ろ」

といった書き込みが続出している。また「気の毒なのは稀勢の里。世間の声の殆どが批判よりも同情...。同情される様になったら勝負師は終わりですよ」と諦めたような声もある。

   結びの一番で白鵬も前頭2枚目・嘉風に敗れた。直後に稀勢の里は花道から引き上げたが、やはり表情は晴れなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...