2018年 8月 19日 (日)

イプシロンロケット3号機の打ち上げ成功 

印刷

   宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2018年1月18日、イプシロンロケット3号機の打ち上げに成功したことを発表した。17日に打ち上げ予定となっていたが、天候不順で18日に延期となっていた。

   イプシロンロケット3号機は、雲があっても電波を用いることで地表1メートルの物体を識別できる、高性能の小型レーダ衛星「ASNARO-2」を搭載している。

   JAXAのウェブサイトによると、将来ロケットの打ち上げが日常的なものになることを見込み、イプシロンの開発にあたっては打ち上げコストの低減や打ち上げシステムのスリム化を図った。今後の小型衛星の需要の拡大や多様化に対応するため、改良に取り組んでいるという。

   今回の打ち上げはイプシロンロケット試験機(13年9月)、イプシロンロケット2号機(16年12月)続き、3回連続での成功となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中