2018年 10月 20日 (土)

任天堂の魔法?「段ボールでピアノ演奏」 仕組みを会社に聞くと...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   任天堂が2018年4月20日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch(スイッチ)」と組み合わせる段ボール製のキット「Nintendo Labo(ラボ)」を発売する。ダンボールにスイッチの本体やコントローラーをはめ込むと、ピアノを演奏したり釣りざおのリールを巻き取ったりバイクに乗ったりと、リアルな操作を体験できる。

   なぜ段ボールと組み合わせるだけで、こんな操作が可能となるのか。J-CASTニュース編集部は、任天堂や専門家に詳しい話を聞いた。

  • Nintendo Labo
    Nintendo Labo

鍵盤を弾くと、和音が...

   発売するのは、5種類の工作キットが入った「バラエティキット」(税別6980円)と、ロボットのパーツを作れる「ロボットキット」(同7980円)だ。「バラエティキット」には、「リモコンカー」「つり」「おうち」「バイク」「ピアノ」の5種のキットがある。

   プレイヤーはまず、段ボールでコントローラー「Toy-Con(トイコン)」を制作するのだが、任天堂が公開したラボの動画を見る限り、スイッチとトイコンを連携させることで、実際に遊びを疑似体験できるようになることが分かる。

   段ボールの鍵盤を弾くだけで、和音が鳴り響き、段ボールのリールを巻き取るだけで、魚釣りのドキドキを味わえる。トイコンの画面操作で、リモコンカーも動かせるようになるようだ。

   ツイッターではこの動画を見たファンから、「素晴らしいしワクワクが止まらない」「ダンボール最高 楽しみすぎる」「工作だいすきなのですごくいい匂いがする」といった声が続出した。

   一方では、ラボでなぜこうした操作が可能となるのか想像をめぐらすユーザーも。ツイッターでは、スイッチ特有の機能「HD振動」「モーションIRカメラ」との関連を指摘する声が多かった。

任天堂「赤外線に反応している」

   スイッチは、コントローラー「Joy-Con(ジョイコン)」に内蔵した装置が発生する細かい振動「HD振動」で、ボールが転がる触感や、ガラスの中で氷がぶつかるような触感を作り出す。

   ジョイコンの「モーションIRカメラ」は、物体に赤外線(IR)を照射。反射した外線をカメラが捉えて映像化、スイッチに送り動きを読み取れる。

   動画を確認したファンはそのため、ツイッターなどで

「やはりNintendo Laboのリモコンカーにタイヤのようなものは無いのでHD振動を使ってダンボールを意図的に振動させて進みたい方向へ進ませる技術が使われてる......」
「あーなるほど、ピアノのてっぺんにJoyconが挿さってて、そこからモーションIRカメラで鍵盤の動きを読み取ってるわけだ」

などと声を上げた。

   だが、これはあくまで動画から推測できる範囲でしかない。実際のところ、ラボはどんな仕組みで動いているのか。

   任天堂の広報担当者は、1月18日のJ-CASTニュースの取材に

「ジョイコンのモーションIRカメラが赤外線に反応している。2つのジョイコンを拡張アタッチメント(段ボールのキット)に組み合わせて色々な動きを体験できるようになっている」

と明かす。

「対象は、主に小学生だ。保護者の方と一緒に作り、仕組みを理解することで、どうしてこういう反応を示すのか考える。自分で発明することができる」

科学者「新たなものづくり体験」

   一方、『スーパーヒューマン誕生! ― 人間はSFを超える』(NHK出版新書)の著書をもつ東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授は、1月18日のJ-CASTニュース編集部の取材に

「動画を見た限りではIRカメラを利用して、段ボールに取り付けられた再帰性反射シートの動きを計測することで所定の機能を果たしているように見える。コントローラー内臓のジャイロセンサーも用いているようだ。HD振動はロボットの移動や恐らく釣りゲームの触感提示などにも利用するかもしれない」

と答えた。その上で、ラボがモノ作りを通じた教育に果たす影響について

「手作りの『工作』とゲームの楽しさがうまく融合していると思う。今回の製品はSwitchの当初のコンセプト『画面の外で遊ぶ』をさらに新たな形で提示したという点で驚いている」

とコメントした。

「今後世界で数百万ものユーザーが工作で慣れ親しんだ段ボールを使うなかで、カスタマイズしたり工夫したり、任天堂が当初想定しなかったような実装や遊び方が出てきてまたそれを見せ合うコミュニティも生まれるのではないか。ラボを通した、創意工夫する新たなものづくり体験はSTEMないしSTEAM教育に寄与すると考える」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...