2018年 6月 18日 (月)

あゆ、小室引退に「必ずや...」 あの「ファミリー」は「お話に涙が止まりません」

印刷

   歌手の浜崎あゆみさん(39)が、2018年1月19日に引退を発表した小室哲哉さん(59)についてコメントを出した。

   浜崎さんはこれまで複数回、小室さんから楽曲提供を受けている。

  • 浜崎さんとKEIKOさんのデュエット曲「a song is born」(画像はAmazonより)
    浜崎さんとKEIKOさんのデュエット曲「a song is born」(画像はAmazonより)

KEIKOとのデュエットを投稿

   浜崎さんは20日未明、ツイッターとインスタグラムを更新し、

「心の整理はまるでつかないままですが、必ずや歌い継いでいかせていただきます」

と思いを綴った。小室さんを表す「#TK」をはじめ、「#KEIKO」「#globe」「#Legend」のハッシュタグが添えられている。

   コメントとともに投稿された動画は、浜崎さんとKEIKOさんのデュエット曲「a song is born」(2001年)。アメリカ同時多発テロを受けて、浜崎さんが作詞、小室さんが作曲したチャリティーソングだ。

   歌詞の「僕らは命受け継いだんだ」というフレーズから1分弱が抜粋されており、まさに浜崎さんの今の思いとオーバーラップする。

   ツイートのリプライ(返信)欄には、ファンらから

「小室さんがayuちゃんに作られた楽曲本当に大好きな歌ばかりです。これからも歌い継いでくださいね...」
「これからもあゆちゃんと小室さんの曲が聴けますように...お願いします」
「名曲たちは色褪せずずっと残っているからその宝物たちをあゆが世に伝え続けていってね」

といったコメントが寄せられている。

「小室ファミリー」からもコメント

   そのほかの「小室ファミリー」からも、小室さんへ向けたメッセージが寄せられている。

   小室さんとともに「globe」で活動したマーク・パンサーさん(47)は1月19日、

「グローブのともし火は消さない!!!信じ続けて突っ走る!!!」

と決意をツイートした。電車内での会話から、小室さんの引退ニュースを知ったという。

   歌手の鈴木亜美さん(35)は19日ブログを更新し、

「引退を決意されたことと、小室さんのお話に涙が止まりません」

と記した。そして「父の様な存在」だという小室さんに対して、「小室さんがいなければ今の私はありません」と感謝した。鈴木さんは小室さんのプロデュースで歌手デビューしてから、今年で20年を迎える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中