2019年 12月 15日 (日)

ダルビッシュが文春記者に怒り 「法を犯していない範囲でのやりたい放題は個人の自由」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米大リーグのダルビッシュ有投手(31)が、2018年1月22日にツイッターを更新し、音楽プロデューサーの小室哲哉さん(59)の引退のきっかけとなった報道をした週刊文春の記者の発言に対し、「本当に頭大丈夫なのでしょうか?」と批判した。

   このツイートは1万回以上リツイートされて注目を集め、多くの人から賛否の意見が寄せられた。

  • ダルビッシュ投手が週刊誌に怒り
    ダルビッシュ投手が週刊誌に怒り

「他人のプライベートほじくりまわして...」

   ダルビッシュ選手は、21日に放送された「サンデー・ジャポン」(TBS)に週刊文春の記者が出演し、小室さんの引退について

「ほんとに引退は残念」
「本意ではない結果になったなと考えています」

と語った記事のリンクを添えて、

   「他人のプライベートほじくりまわして『本意ではない結果』って本当に頭大丈夫なのでしょうか? 週刊誌がやっていることの8割は『人のアラを探してみんなに伝える』ことだと思います」

と、週刊誌を強く批判した。

   このツイートは広く拡散されて議論を呼び、中には

「でもゴシップ誌が伝えたおかげで、ダルビッシュが新人だった頃パチンコ打ちながら煙草吸ったりしているのをその時期に反省出来たって思うのは穿った考えなのかもしれないな。ゴシップ誌の存在は有名人がやりたい放題やるのの歯止めにもなっているとも思うんだよね」

と、ゴシップ誌の存在意義についての意見も寄せられたが、

「あくまでそれは結果論で潰れた人の方が多いと思いますよ。
大体有名人であろうが、法を犯していない範囲でのやりたい放題は個人の自由ではないでしょうか」

と反論し、有名税についても疑問を呈した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中