2019年 11月 19日 (火)

また「平壌五輪」化アピールか 米NBC「看板キャスター」、正恩氏自慢のスキー場から中継

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2018年2月に韓国・平昌で開幕する冬季五輪が、さらに「平壌五輪」化しそうだ。1月17日に行われた南北実務者協議で、南北選手が合同で北朝鮮東部にある馬息嶺(マシクリョン)スキー場で合宿を行うことで合意した。このスキー場を北朝鮮が「猛プッシュ」しているためだ。

   米NBCテレビの看板キャスターが、このスキー場から「近代的なスキーリゾート」などとリポート。米国で平昌五輪の放送権を持っているのはNBCだ。北朝鮮にとっては、金正恩委員長が自慢するスキー場を宣伝する絶好の機会になったと言えそうだ。

  • 完成した馬息嶺スキー場を視察する金正恩委員長(写真は労働新聞から)。北朝鮮側は完成前から五輪会場としての活用を呼びかけていた
    完成した馬息嶺スキー場を視察する金正恩委員長(写真は労働新聞から)。北朝鮮側は完成前から五輪会場としての活用を呼びかけていた

「馬息嶺速度」で突貫工事

   馬息嶺スキー場は13年12月にオープン。突貫工事で建設されたことで知られ、国営メディアは正恩氏が建設現場で指導する姿を繰り返し伝えた。国営メディアでゃ一時期、速度戦を指す「馬息嶺速度」という単語がおどったほどだ。

   NBCテレビは1月21日(日本時間)、看板番組とも言える「ナイトリーニュース」でキャスターを務めるレスター・ホルト氏の現地リポートを放送。観光客がスキーを楽しむ様子を背景に、

「近代的なスキーリゾートで、モニターでは愛国的な歌が流されている」
「人々に話を聞いてみると、南北が競争するだけではなく対話が進むという期待感から、わくわくしている様子だった」

などと中継で伝えた。

   北朝鮮はスキー場のオープン前から五輪会場としての活用を呼びかけており、今回の合意は「してやったり」だ。ただ、韓国側からは批判も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中