2018年 9月 21日 (金)

北朝鮮が壮大な「はしご外し」? 五輪開幕前日「人民軍創建日」で軍事パレードか

印刷

   平昌五輪をめぐり「雪解けムード」を演出してきた北朝鮮が、「はしご外し」に転じたようだ。2018年1月23日、国営メディアは、2月8日を「朝鮮人民軍創建日」に制定すると報じた。この日には「多彩な行事を有意義に催す」としており、軍事パレードが行われる可能性もある。

   翌2月9日には平昌五輪が開幕するが、軍事パレードで新兵器がお披露目されるようなことがあれば、五輪が「かすむ」ことになりかねない。

  • 金正恩委員長は2月8日に軍事パレードを決行するのか(写真は労働新聞から)
    金正恩委員長は2月8日に軍事パレードを決行するのか(写真は労働新聞から)

正規軍になった記念日が2月8日、抗日パルチザン創建日が4月25日

   朝鮮人民軍は1948年2月8日に創建され、当初はこの日を「創建記念日」としていたが、1978年以降は、金日成主席が満州で抗日パルチザンを結成した1932年4月25日に変更した。北朝鮮は4月25日を「建軍節」として祝日に指定している。

   国営メディアによると、朝鮮労働党中央委員会政治局が1月22日、

「朝鮮人民革命軍を正規的革命武力に強化し、発展させて朝鮮人民軍の誕生を宣布した歴史的な日」

だとして、2月8日を朝鮮人民軍創建日(建軍節)に定めるとする「決定書」を発表。4月25日は「朝鮮人民革命軍の創建日」に改めるとした。2月8日には、

「金日成主席の正規的革命武力建設の業績を深く体得させるための政治・思想教育と多彩な行事を有意義に催す」

ともある。この「多彩な行事」に軍事パレードが含まれるとみられている。

平壌郊外の空港で兵士1万2000人動員して準備進む?

   聯合ニュースは1月18日、平壌郊外の空港で約1万2000人の兵士などを動員して軍事パレードの準備する様子がとらえられたとする韓国政府筋の話を伝えたのに続いて、CNNは19日、建軍節の「祝賀式典」への出席を案内する、北朝鮮駐在の武官に充てた書簡とみられる文書の写しを入手したと報じていた。

   過去に北朝鮮が軍事パレードを行ったのは、金日成主席の誕生日にあたる4月15日の「太陽節」(12年、17年)、朝鮮戦争の休戦日にあたる7月27日の「祖国解放戦争勝利記念日」(13年)、10月10日の「朝鮮労働党創建記念日」(15年)など。何らかの記念日に実施していることが分かる。

   米国と韓国は平昌五輪・パラリンピック期間中は共同軍事演習を行わないことで合意している。そういった中で2月8日に軍事パレードを行って軍事力を誇示したとすれば、米韓が強く反発するのは確実。その分、五輪の存在感はかすむことになりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中