2018年 10月 17日 (水)

「多摩川が雲海になってる」 幻想的な画像、ネット投稿相次ぐ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京都世田谷区などの多摩川で2018年1月23日朝、一面に濃い霧がかかって幻想的な光景が広がった。

   ツイッター上で写真や動画が次々に投稿され、感激したといった声が上がっている。

  • 普段の多摩川
    普段の多摩川
  • 多摩川にかかった濃霧(写真は、大石佳能子‏@kanochiさん提供)
    多摩川にかかった濃霧(写真は、大石佳能子‏@kanochiさん提供)

水面から上がる水蒸気が強い寒気で...

   多摩川の川面は、まるで雲が流れているように見える。濃い霧が二子橋の橋げたの下低く立ち込め、前日からの降雪による周囲の雪景色と相まって、一面の白い銀世界が広がっている。

   こんな写真などが1月23日朝にアップされ、「多摩川が雲海になってる」「朝日が照らされ映画のワンシーンのよう」などと次々に感想が書き込まれた。朝日新聞の映像報道部は、ヘリコプターから撮影した多摩川の濃霧の写真を公式ツイッターに上げ、「多摩川で水面から湯気のように霧が立ち上るけあらしが見られました」と報告した。

   水面にかかる霧は、北海道沿岸や日本海で見られ、「毛嵐(けあらし)」と呼ばれる。川なら、「川霧」とも呼ばれている。

   気象庁の天気相談所は、J-CASTニュースの23日の取材に対し、この現象が起きるメカニズムをこう明かした。

「海や川では、水面から常に水蒸気が上がっていますが、強い寒気が入ってくると凝結して霧の粒になります。風がなく、湿度が高い状況で起きますが、都内などでは珍しいかもしれませんね」

   23日朝は、さいたま市で氷点下5.9度、都心でも同0.7度まで気温が下がっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...