2018年 10月 22日 (月)

「元祖梅ジャム」87歳社長が体調崩して廃業 ネット上で悲しむ人続出

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   70年の長きにわたって親しまれてきた「梅の花本舗」(東京都荒川区)の「元祖梅ジャム」が、もう食べられなくなった。

   1人で作ってきた高林博文社長(87)が、体調を崩して廃業したためだ。

  • 元祖梅ジャムは、アマゾンでも在庫切れに
    元祖梅ジャムは、アマゾンでも在庫切れに

「頑張ってきたが、もう売れないんですよ」

   梅の花本舗が廃業するという情報は、2018年1月18日ごろにツイッター上で流れた。次第に梅ジャムが好きだった人たちの間で広まり、悲しむ声が相次いでいる。

「美味しいのに」「数年前から危機が叫ばれてきたのは知っていたが......」「恐れてたことが現実になった」「またひとつ昭和が遠くなる」......

   梅ジャムは、梅干しの果肉を使ったジャムで、透明な小袋にはいっている。戦後間もなくの1947年から製造を始め、最初は紙芝居のときに売っていたが、駄菓子屋で扱われるようになって、子供たちの人気を集めた。

   ソースせんべいやミルクせんべいに付けて食べられたほか、カップラーメンのブタメンに入れる食べ方なども知られていたようだ。

   梅の花本舗の高林博文社長は25日、J-CASTニュースの取材に対し、17年12月いっぱいで廃業したことを明らかにした。

「5回も関節などを手術したりして、体を痛めてしまいました。機械もボロボロになって、すでに解体しています。少子化で問屋さんも取引を止め、駄菓子屋もなくなりました。頑張ってきたが、もう売れないんですよ。時代の流れには勝てないので、70年を区切りに止めることにしました」

   梅ジャムが店頭に残っていても在庫限りになるが、アマゾンではすでに、40個入り箱詰めジャムが「現在在庫切れです」との表示になっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-salon.png
【初心者大歓迎】アナログゲームイベント開催決定!

脳の普段使わない部分が活性化される感覚を味わう。初めて会う人とも盛り上がり、ついつい声まででてしまう。そんなアナログゲームの楽しさを体験しに来てください!

PR 2018/10/19

姉妹サイト
    loading...