2018年 5月 27日 (日)

北朝鮮が韓国を助けてくれた?! 「お人よし」文政権に現地紙もため息

印刷

   平昌五輪をめぐり、また北朝鮮が韓国に揺さぶりをかけている。事前調査のための視察団の派遣日程を二転三転させたのに続き、2018年2月初めに北朝鮮の金剛山(クムガンサン)で開催することになっていた合同文化行事の中止を一方的に通告してきた。

   ところが韓国側では、この通知が韓国側への「配慮」によるものだという、にわかには信じがたい見方も出ている。開会式の前日に北朝鮮が軍事パレードを行うとみられることについても、韓国政府は「偶然」だとの見方を対外的には示しており、開幕まで2週間を切る段階で際立つ韓国政府の「お人よし」ぶりに、保守系メディアからは苛立ちの声があがっている。

  • 行事の突然の中止通告は北朝鮮側の「配慮」なのか(写真は労働新聞から)
    行事の突然の中止通告は北朝鮮側の「配慮」なのか(写真は労働新聞から)

韓国メディアが「北朝鮮の誠意ある措置を冒とくする世論を拡散」

   韓国統一省の発表によると、1月29日22時過ぎ、北朝鮮側から行事の中止を通知する文書が送られてきた。その中で、北朝鮮側は中止の理由を

「韓国メディアが平昌五輪に関連して、北朝鮮がとっている誠意ある措置を冒とくする世論を拡散している。そういった中で北朝鮮内部の慶祝行事にまで言いがかりをつける以上、合意した行事を取り消さざるを得ない」

と主張したという。

   北朝鮮は1月22日、2月8日を朝鮮人民軍創建日(建軍節)に定めて「多彩な行事を有意義に催す」と発表していた。2月8日は平昌五輪開幕の前日で、「多彩な行事」に軍事パレードが含まれるとみられることから、韓国側から五輪への悪影響を懸念する声が相次いでいた。そのため、2月8日の「慶祝行事」への批判に反発する形で北朝鮮が行事中止を通告したと読み取ることもできる。

   韓国メディアでは、それとは別の様々な解釈が出ている。中央日報は、宋永武(ソン・ヨンム)国防相が1月29日にシンガポールで行った講演の質疑応答で

「北朝鮮が核を使えば北朝鮮政権は地図から消されるだろう」

などと述べたことに「北朝鮮が不満を抱いたかもしれないという見方もある」と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中