2019年 4月 19日 (金)

2019年の「12月23日」は平日...天皇誕生日は無し 国立天文台発表

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   国立天文台は、2018年2月1日、二十四節気、月の満ち欠けや日食・月食、そして国民の祝日などが掲載されている2019年の暦要項を発表した。

   その中で、通常、年に16日ある国民の祝日のうち、12月23日の天皇誕生日が、19年は例外的に存在しないことも明らかになった。

  • 2019年、天皇誕生日は無し(画像はイメージ)
    2019年、天皇誕生日は無し(画像はイメージ)

天皇誕生日がないのは祝日法制定以来初

   J-CASTニュースが国立天文台に取材したところ、担当者は、19年に天皇誕生日が無いのは、皇太子さまの即位のタイミングによるものだと説明した。

   天皇陛下の退位に関して定められた皇室典範特例法には、皇太子さまの天皇即位後、誕生日である2月23日が新たな天皇誕生日になることが明記されている。

   しかし、即位するのは誕生日より後の5月1日であるため、2019年は例外的に天皇誕生日が無い年になる。国立天文台によると、1948年の祝日法制定以来、天皇誕生日が無い年は初めてだという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中