漫才トリオ「レツゴー三匹」の長作さん死去 74歳

印刷

   漫才トリオ「レツゴー三匹」で活躍したレツゴー長作さん(本名・永原誠=ながはら・まこと)さんが2018年2月1日、肺がんで死去した。所属する松竹芸能が4日、公式サイトで発表した。74歳だった。

   岡山県出身。1964年に松竹新喜劇に加入した後、レツゴー正児さん(77)、レツゴーじゅんさん(2014年死去)と「レツゴー三匹」を結成。じゅんさんが「じゅんでーす」、長作さんが「長作でーす」とあいさつし、正児さんが「三波春夫でございます」と続いて両脇の2人がツッコミを入れるネタで人気を博した。1973年には、上方漫才大賞を受賞した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中