2018年 8月 16日 (木)

人気の「あたまのわるいひと」は誰のもの? 元ネタ作者の「かなり心苦しい」ツイートに賛否噴出

印刷

   「あたまのわるいひと」――。ツイッターで2017年、そんな「脱力系」キャラクターが人気を博した。作者の「2÷す(ニーワルス)」さんは2017年10月、LINEスタンプを自作。キャラを使用した派生ツイートも数々、登場した。

   実は、このキャラクターには元ネタが存在する。ツイッターやpixivなどで漫画を描いている「みこるん」さんの漫画だ。

  • 「あたまのわるいひと」の公式LINEスタンプ
    「あたまのわるいひと」の公式LINEスタンプ

元ネタ作者「全て無許可・無断で販売されている」

   事の始まりは2017年5月、「みこるん」さんがツイッターで公開した漫画「頭の良い人と悪い人の物の見方の違い」だった。「頭の悪い人」と「頭の良い人」が目の前にあるリンゴを見た場合、「悪い人」は「りんごだ」「赤い」「おいしそう」くらいの感想しか抱かないが、「良い人」は「万有引力」「椎名林檎」なども思い浮かべる――。漫画では、イラストで両者のそんな差異を伝えた。

   このツイートは「リツイート」約4万件(18年2月6日現在)と広く拡散した。しかし「2÷す」さんが17年9月、この漫画の二次創作「あたまのわるいひと」を制作すると、「脱力」系のイラストに人気が殺到、LINEスタンプやグッズも販売され、一大ブームを巻き起こすことに。知名度はもはや本家を上回る。

   これを受けてか、みこるんさんは2018年2月4日、自身のツイッターに「あたまのわるいひと」のLINEスタンプやグッズの画像を掲載し、

「写真の商品は全て無許可・無断で販売されているものです」

と投稿。

「元ネタを投稿した身としてはかなり心苦しいのですが、キャラクターの権利は私には無いので、現状は黙って見過ごすことにします」

と、複雑な心境を明かした。

「権限がないのに無許可無断ってなんだそりゃ?」

   みこるんさんのツイートをめぐっては、ツイッターで賛否が分かれている。

「えええええ そうだったのですか!!!」
「えっ!ごめんなさい、スタンプ買ってしまいました...」

とのリプライ(返信)が寄せられる一方、

「『あたまがわるいひと』だけなら2÷すさんが考えたキャラなので問題ないと思います」
「元ネタとキャラクターって別物じゃない?キャラクターを考え、販売した人が、頭が良かっただけのこと」
「権限がないのに無許可無断ってなんだそりゃ?意味がわからない」

との批判的な声も上がった。

   中には「形式ばったことよりも、気持ちの方がもやもやするということですよね」「自分の元ネタなのにトレスされた方が人気になるのって嫌ですよねわかります」とみこるんさんに共感する声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中