2018年 11月 14日 (水)

「金王朝」3代で粛清逃れる「ナンバー2」 五輪出席90歳・金永南の「処世術」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   北朝鮮は2018年2月9日に開幕する平昌五輪の開会式に、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員会委員長が団長を務める高官級代表団を派遣する。金氏は北朝鮮の最高指導部のメンバーの一人で、朝鮮労働党では序列2位。憲法上は国家元首の役割を果たす。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談する可能性もある。

   金氏は1928年2月生まれで90歳になったばかりという。金正恩委員長のもとで次々に幹部が粛清されるなか、金日成、正日、正恩の「金王朝」3代から信任を得てきた珍しい人物だ。五輪開会式出席はこれで少なくとも3回目で、ここ数年でもアフリカやイランを訪問するなど、高齢とは思えない「鉄人」ぶりを見せている。

  • 2017年にイランから帰国した際の金永南氏(左、写真は労働新聞から)
    2017年にイランから帰国した際の金永南氏(左、写真は労働新聞から)

80代後半でスーダン、ロシア、赤道ギニア、イラン...

   金永南氏は金日成総合大学を卒業後、モスクワ大学に入学。朝鮮労働党入党後は外交畑を歩み、1983年から98年まで15年間にわたって外相を務めた。94年に金日成氏が死去し、追悼大会では金永南氏が追悼演説を行った。国家主席のポジションは金日成主席の死去で空席になり、正日氏の時代の98年の憲法改正で廃止に。その代わりに国家元首級のポジションとして設置されたのが最高人民会議常任委員会委員長で、金永南氏は約20年にわたって、この役割を果たしている。アントニオ猪木氏が訪朝する際にも会談している。

   金永南氏は2008年の北京五輪、14年のソチ五輪の開会式にも出席しており、今回の平昌で五輪開会式は3回目。14年にスーダン、15年にロシア、16年に赤道ギニア、17年にイランを訪問するなど、80代とは思えないほどの活動ぶりだ。

外交問題に集中し、政治とは徹底的に距離を置く処世術

 

   では、なぜここまで「生き残る」ことができたのか。朝鮮日報は、消息筋の話として、

「3代に渡って要職を務めているが、一度も革命化(思想改造)されなかった数少ない人物」

だと伝え、その背景には「外交問題に集中し、政治とは徹底的に距離を置く処世術」があるという評価もある、とした。東亜日報も、韓国政府関係者の「能力というよりは処世術がそれだけ優れているということ」という声を紹介。02年と05年に平壌で金永南氏と会談したという丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一相は、02年10月に北朝鮮の核問題をめぐって強く抗議した際、金氏は

「北朝鮮側の論理から一歩も外れないように注意している様子だった」

と振り返ったという。「失点のなさ」で失脚を避けられた可能性もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中