ソフトバンク、上場準備入り 孫正義氏「できれば1年以内に」

印刷

   ソフトバンクグループと、子会社で携帯電話事業を手掛けるソフトバンクは2018年2月7日、ソフトバンクの株式上場の準備を始めると発表した。両社で会長と社長を務める孫正義氏は同日の会見で、上場時期について「近い将来、できれば1年以内には行いたい」と語った。

   上場に伴って、ソフトバンクグループとソフトバンクの役割分担を明確化するとし、多様な投資家のニーズに対応できるようになると説明している。また、強固な経営基盤を持つことも目指すとしている。

   ただし、準備過程の検討如何によっては、ソフトバンクが株式上場しない可能性もあるとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中