2018年 11月 14日 (水)

正恩氏の妹訪韓 韓国メディア「歓迎」ムードも「対話」「圧力」で論調分かれる

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   平昌五輪に合わせて金正恩朝鮮労働党委員長の妹の与正(ヨジョン)氏らが韓国を訪問し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と面会することになった。故・金日成主席の直系の親族による訪韓は初めてで、正恩氏の親書を携えているとの見方をある。

   北朝鮮としては「最強」に近いカードを切っただけに、韓国側の反響も大きい。新聞の社説では、保守系を含めて「(北朝鮮が)可能な限りの誠意を見せた」総じて歓迎ムードだ。

  • 金正恩氏の妹、与正(ヨジョン)氏の訪韓に韓国メディアは歓迎ムードだ(写真は労働新聞から)
    金正恩氏の妹、与正(ヨジョン)氏の訪韓に韓国メディアは歓迎ムードだ(写真は労働新聞から)

与正氏は「金委員長に苦言を呈することができる唯一の人物」

   与正氏の訪韓は、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長が団長を務める高官級代表団の一員として。専用機で2月9日午後に仁川国際空港に到着し、夜に行われる五輪開会式に出席。11日まで滞在予定で、文大統領との面会は10日に行われる。

   韓国の「朝中東」3大紙(朝鮮日報、中央日報、東亜日報)は保守的な論調で知られるが、与正氏訪韓に関する社説では、「対話」か「制裁」かで立場が微妙に分かれた。

   朝鮮日報は、文大統領に対して、

「北が非核化決断を下さなければ、韓国が対北朝鮮制裁の先頭に立つしかないという事実も明らかにしなければならない」
「平和的に、北朝鮮の核をなくす唯一の方法は、対北朝鮮制裁だ」

などとして、圧力を強めるように求めた。

   これに対して中央日報は、与正氏が「金委員長に苦言を呈することができる唯一の人物」だとして、

「韓国に滞在中、朝鮮半島情勢に対する各国の声を聞いた後、そのまま金正恩氏に伝える可能性がある」
「対話のきっかけになるように最大限の知恵を絞らなければならない。」

とした。東亜日報も、北朝鮮外交の狡猾さを指摘しながらも、

「平昌五輪が、南北の融和ムードを米朝対話につなげる絶好の機会であることは誰も否定できない」
「北朝鮮も米国も、五輪が作ってくれた絶妙な機会を逃してはならない」

と期待を寄せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

20181031_kaidan2.png
【プレゼント企画実施中】秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中