2018年 5月 27日 (日)

須藤凜々花、即興舞台で「爆弾」飛び出す? 稽古では「下ネタがバンバン...」

印刷

   2017年8月にNMB48を卒業したタレントの須藤凜々花さん(21)が、新たな活躍の場でも「爆弾発言」を予告した。須藤さんは18年2月10日、コントショー「THE EMPTY STAGE(ジ・エンプティ・ステージ)2018 WINTER」初日公演後の記者会見に登場。

   台本なしで観客からの「お題」をもとに演じることが売りで、須藤さんは「テレビやラジオで言っちゃいけないことが言える」として、「濡れ場が出ちゃうかも」。初日公演では、須藤さんの出番はなかったが、ワンマンショーに出演したケンドーコバヤシさん(45)が下ネタを連発した。稽古では須藤さんから「下ネタがバンバン飛び出している」といい、本番でもきわどい発言を連発することになりそうだ。

  • 須藤凜々花さん。どんな「爆弾発言」が飛び出すか
    須藤凜々花さん。どんな「爆弾発言」が飛び出すか
  • ケンドーコバヤシさん。ビール片手に次々に下ネタを披露した
    ケンドーコバヤシさん。ビール片手に次々に下ネタを披露した
  • 2月25日まで全22公演が予定されている
    2月25日まで全22公演が予定されている

「テレビやラジオで言っちゃいけないことが言える素敵な場所」

   須藤さんにとって舞台出演は初めてだといい、「台本がなくせりふもなくて、もう、不安で不安でしょうがなかった」一方で、

「でも逆に、テレビで言っちゃいけないこととかラジオで言っちゃいけないことが言える、そんな素敵な場所があるんだって...」
「だいだい即興で言ったことカットされちゃうので、嬉しいです」

と意気込んだ。司会のタケトさん(41)が

「お客様からのお題でやりますから、やっちゃいけないことはこちら側はない。須藤さんがわざとやったわけじゃなくてお客様からのお題でやったこと」

と、自由に演じられることをアピールすると、須藤さんは「濡れ場が出ちゃうかも」。共演者によると、練習では「下ネタがバンバン飛び出している」といい、南海キャンディーズ・山崎静代さん(39)も

「濡れ場は私がアドバイスを...」
「めっちゃ面白い爆弾発言なので、こっちも負けていられない」

などとボケてみせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中