2018年 7月 18日 (水)

平昌五輪で日本選手がドーピング陽性

印刷

   スポーツ仲裁裁判所(CAS)は2018年2月13日、ショートトラックスピードスケート日本代表の斎藤慧選手がドーピング検査で、利尿作用などがあるアセタゾラミドに陽性反応を示したと発表、暫定的な資格停止処分を下した。斎藤選手は自ら今回の処分を受け入れ、すでに選手村を去っている。

   時事通信によると、斎藤選手は日本選手団を通じて「今回、このような検査結果が出たことに大変驚いています。ドーピング(違反)を行おうと考えたことはこれまでに一度もありません」とコメントしている。

   斎藤選手は神奈川大学所属の21歳。2014年の全日本ショートトラック距離別選手権大会1000mで優勝した経験を持っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中