2018年 11月 17日 (土)

「羽生竜王の手が震えてますね」 藤井五段、常に優勢で歴史的勝利

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   羽生善治竜王(47)と藤井聡太五段(15)の公式戦初対戦は、解説者が「いや凄い勝負だ」とうなるほどの緊迫した戦いになった。

   藤井五段の歴史的勝利に、ネット上では、驚きの声が相次いでいる。

  • 藤井聡太五段(画像は日本将棋連盟の公式ウェブサイトより)
    藤井聡太五段(画像は日本将棋連盟の公式ウェブサイトより)

羽生も意表を突く手で、「ギリギリの勝負」に

   「表情ですか? 普段と変わらないと思います」。2018年2月17日に都内で行われた朝日杯将棋オープン戦の準決勝が始まると、解説した谷川浩司九段は、2人についてこう述べた。2人の対局は、Abemaテレビで生中継された。

   羽生竜王は、首を振りながら考え込み、藤井五段は、腰を据えて将棋盤をじっと見つめる。先手の藤井五段は、最初から積極的に攻め、戦いの主導権を握った様子だ。これに対し、羽生竜王も猛反撃し、意表を突く位置に銀の駒を置く。谷川九段も「羽生竜王は、視野が広いですね」と驚いたほどだ。

   終盤戦に入ると、さらに「ギリギリの勝負」になった。藤井五段が歩の駒で王手をかけるなどすると、羽生竜王は険しい表情になり、谷川九段に代わって解説に入った中村太地王座は「羽生竜王の手が震えてますね」と言う。そして、「迫力がありますね。いや凄い勝負だ」とうなった。

   藤井五段は、詰め将棋で鍛えた終盤の強さに定評があり、持ち時間をかなり使ってしまったものの果敢に攻め続けた。

「まだ何があるか分からない」「凄い難解な局面です」

「凄い瞬間がやってきますね」

   羽生竜王も次々に渾身の手を打つが、藤井五段は、落ち着いているように見えた。

「これは藤井五段、勝ちの局面になったと思います。凄い瞬間がやってきますね」

   中村王座が興奮気味に話し、「羽生竜王は、自身の負けを悟って......」と続けるや、「負けました」と羽生竜王は頭を下げた。藤井五段も、一瞬空を仰いで感無量の様子で、約600人が詰めかけた会場からは大きな拍手が沸き起こった。

   藤井五段は、午後から決勝戦に臨み、15歳6か月という史上最年少での棋戦優勝を目指す。

   歴史的勝利を伝えるヤフーニュースのコメント欄には、「なんということでしょう 中学生が国民栄誉賞に勝利してしまいました」「普通にレジェンドになると思う」「マジか・・なんかショックだ・・」といった声が書き込まれている。

   追記(2018年2月17日16時50分):藤井五段は17日午後、決勝戦で広瀬章人八段(31)を破り、15歳6か月という史上最年少での棋戦優勝を成し遂げた。同時に、史上最年少での六段昇格も果たした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中