2019年 1月 22日 (火)

韓国スケート選手、「炎上」騒動で涙の謝罪

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   平昌冬期五輪・スピードスケート女子団体パシュートの韓国代表のキム・ボルム選手とパク・ジウ選手、ペク・チョルギ監督が2018年2月20日、記者会見を開き、ネット上での騒動について陳謝した。キム選手は「私のインタビューによって多くの人が傷ついたと思う」「心からおわび申し上げたい」と涙を流した。

   韓国チームは19日の1回戦で、残り1周になってラストスパートをかけたが、最後方のノ・ソンヨン選手がキム選手とパク選手から大きく引き離される形となり、バラバラでゴール。8チーム中7位で準決勝進出を逃した。

   韓国のテレビではその後、キム選手とパク選手が引き揚げる一方で、ノ選手が落ち込んで座り込む様子が映り、キム選手はインタビューで「最後のスケーターがついてこられず、残念なタイムに終わった」とコメント。キム、パク両選手がノ選手を見捨てたと受け止めた韓国国民は怒りをあらわにし、キム、パク両選手の代表追放を求める署名活動を開始するなど「炎上」状態に発展していた。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中