2018年 9月 21日 (金)

米国の大物伝道師ビリー・グラハム氏亡くなる トランプ大統領も追悼コメント

印刷

   キリスト教の伝道師であるビリー・グラハム氏が、2018年2月21日、米ノースカロライナ州モントリートの自宅で亡くなった。99歳だった。「ビリー・グラハム伝道協会(BGEA)」が発表。各社の報道によればがんや肺炎を患っていたとされる。

   日本のネット上でも死を悼む声が上がっているが、一部には思いがけない勘違いをする人もみられた。

  • ビリー・グラハム氏(画像はビリー・グラハム伝道協会(BGEA)の公式ホームページより)
    ビリー・グラハム氏(画像はビリー・グラハム伝道協会(BGEA)の公式ホームページより)

トランプ米大統領も自身のツイッターで死を悼む

   ビリー・グラハム氏は1918年11月7日に生誕。43年に米イリノイ州のホイートン大学を卒業し、牧師として活動。185以上の国や地域で生涯にわたり伝道活動を続け、約2億1500万人にキリストの教えを広めたとされている。

   また、47年に「Calling Youth to Christ」を著してから精力的に執筆活動に勤しみ、30冊以上の書籍を残したほか、テレビ番組への出演なども行っていた。49年にロサンゼルスで行った伝道集会に多くの人が集ったことで一躍その知名度が上がり、のちに多くの米大統領とも親交を深め、宗教界に限らない広範な影響力を行使するに至った。

   ドナルド・トランプ米大統領も訃報に接し、自身のツイッターで

「偉大なるビリー・グラハムが亡くなった。彼のような人間はいなかった。クリスチャンやあらゆる宗派が彼の死を悲しんでいるだろう。素晴らしい人間だった」

と、死を悼んでいる。

「ラリーグラハム死去と読んで焦った」

   ネット上の一般ユーザーの間でも、死を悼む声が多く見られ、

「ビリーグラハム師も亡くなられたのか...」
「大杉漣さんなくなったし。 ビリーグラハムもなくなったし。 なんか寂しい夜」

といった声が散見された。

   一方で日本では米国ほどには馴染みのない名前ということもあり、一部には、

「ビリー グラハム死去のニュースを見て、真っ先に思ったのはプロレスの??と」
「ビリーグラハム死去って聞いてびっくりしたけど、スーパースタービリーグラハムではなかった!」
「ビリーグラハム死去のニュースを一字違いでラリーグラハム死去と読んで焦った」
「「ビリー グラハム氏 死去」 のニュースタイトルを見て、、帰宅後写真を見るまでラリー・グラハムだと勘違いしてて勝手にしんみりしてた」

と、プロレスラーの「スーパースター・ビリー・グラハム」氏や、ミュージシャンである「ラリー・グラハム」氏と間違えてしまった、という声もあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中