2018年 8月 22日 (水)

白鵬も参戦の「チンギス・ハン落書き」問題 小学館「深くお詫び」

印刷

   モンゴル帝国の初代皇帝、チンギス・ハンの肖像画に男性器の落書きをする描写があり物議を醸していた漫画について、出版元の小学館が2018年2月23日、公式サイト上で謝罪した。

   同漫画をめぐっては、駐日モンゴル大使館が「道徳性の欠如したイラスト」などとする抗議文を公表していた。小学館はモンゴルの大使に直接謝罪文を渡したとしている。

  • 問題の「やりすぎ!!!イタズラくん」が掲載された「月刊コロコロコミック」2018年3月号(小学館)
    問題の「やりすぎ!!!イタズラくん」が掲載された「月刊コロコロコミック」2018年3月号(小学館)

「残念ですね 子供が見るものでしょう」

   物議を醸したのは、「月刊コロコロコミック」2018年3月号に掲載された「やりすぎ!!!イタズラくん」(作・吉野あすみ)。登場キャラが肖像画を見て名前を答えるシーンで、「モンゴルの皇帝 チ( )・( )ン」の穴埋めに前から「ン」「チ」と書き込んだ上、チンギス・ハンの肖像画の額に男性器の落書き。別のキャラは「ぶーーっ!!!(笑)」のセリフとともに噴き出している。

   モンゴルの偉人に対するこうした表現には、同国の対日外交特別大使である元横綱・朝青龍氏が22日、ツイッターで「先祖バカにするお前ら!! 品格がない日本人!! 許せない!! 謝れ!! 謝れ!! 謝れ!! どこのゴミの会社!?」と激怒した。

   同じくモンゴル出身の横綱・白鵬もツイッターで23日昼、問題のページの写真をアップしながら「残念ですね 子供が見るものでしょう...!!!?」と遺憾の意を示していた。

「歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存」

   さらに駐日モンゴル大使館はフェイスブックで23日昼、「モンゴル国の歴史と文化だけではなく、日本の政府、国民のモンゴルとの友好関係を強化し続けたいという意志までも見下すような内容の、道徳性の欠如したイラストが掲載されました」などと掲載。日本の外務省に「抗議の意」を示すとしていた。

   そうした中、小学館は23日中に公式サイトのトップページで「コロコロコミック3月号掲載『やりすぎ!!!イタズラくん』の一部表現に関するお詫び」と題する文を掲載。「モンゴルの英雄であるチンギス・ハーンに関する不適切な表現があったことにより、モンゴル国国民の皆様をはじめチンギス・ハーンを敬愛する全ての方々にご不快の念を抱かせましたことを、深くお詫び申しあげます」と謝罪し、「今後はかかる事態を起こさないよう、モンゴルの歴史・文化に関する知見を深め、一層の配慮をして参る所存です」と示した。

   また、「同趣旨の謝罪文を、モンゴル国のダンバダルジャー・バッチジャルガル駐日臨時代理大使に直接お渡し致しました」とも報告している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中