2018年 7月 23日 (月)

週刊朝日表紙「ユヅ、がんばったね。」は「上から目線」? 「新潮」が噛みつくも記録的完売

印刷

   平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦選手をめぐり、週刊誌が「場外乱闘」だ。

   週刊朝日が2018年3月2日号(2月20日発売)の表紙に「ユヅ、がんばったね。」の見出しを掲げたところ、「週刊新潮」と「新潮45」のウェブサイト「デイリー新潮」が2月23日、「表紙が炎上」したとする記事を掲載し批判した。この週刊新潮の記事はヤフーにも配信された。ただ、普段は朝日新聞への批判の嵐が吹き荒れるヤフーのコメント欄は、今回は少し様子が違っている。

  • ネット書店で完売した前号「週刊朝日」2018年3月2日号の表紙。見出しを「新潮」が問題視した
    ネット書店で完売した前号「週刊朝日」2018年3月2日号の表紙。見出しを「新潮」が問題視した

発売前に「総力特集」のプレスリリースを配信

   この3月2日号、版元の朝日新聞出版が2月19日に

「羽生結弦選手を『週刊朝日』が表紙をはじめ総力で特集!」

と題したプレスリリースを出すほどの気合いの入れようで、そこでは

「『羽生結弦金メダル』永久保存版の『週刊朝日』を、 どうぞお見逃しなく」

とうたっていた。この表紙にかみついたのが新潮だ。2月23日夕方に「デイリー新潮」に掲載した記事では、

「一体これは誰の台詞なのか。編集部? 編集長? それにしても何様なのか? というあたりが評判の悪さの理由のようだ。ツイッターでは『吐きそう』という辛辣なコメントまで見られる」
「もちろん、ファンの中には『ユヅ』という愛称を使う人もいるのだろうが、そこに加えて『がんばったね。』というタメ口での語りかけには、かなり『上から目線』あるいは勝手な『母親目線』という印象は否めない。しかし『週刊朝日』は羽生選手の育ての親でもタニマチでもない」

   などと週刊朝日に対する違和感を書き連ねた。ただ、ヤフーに配信された新潮記事のコメント欄の上位にあるのは、

「気持ち悪いとは思うけど、叩くほどでもないかな」
「本人がどう思うかが重要だと思う。多分そんなに気にしてないんじゃない?」
「ユヅ、がんばっていたと思うよ」

といった内容。必ずしも新潮側の主張に賛同する人は多くないようだ。

「新潮」記事直後に週刊朝日「軒並み完売!2週連続の大特集が決定!!」

   実際、この「週刊朝日」3月2日号は好評だったようだ。新潮が記事を出した日の夕方、朝日新聞出版は

「羽生結弦が表紙の『週刊朝日』軒並み完売!2週連続の大特集が決定!!」

と題したプレスリリースを配信し、3月2月号が

「大反響を呼び、 ネット書店では初回搬入分が軒並み即完売」

したとアピール。翌週の2月27日に発売予定の3月9日号でも

「カラーグラビアから特集記事まで『フィギュア』が大盛り!」

とアピールした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中