2018年 5月 22日 (火)

本番2週間前ダブルアクセル飛べなかった羽生 コーチが明かした「奇跡の瞬間」

印刷

   羽生結弦はケガ明けの2018年1月の時点で「ダブルアクセルも失敗ばかりだった」という。2月26日放送の「NHKスペシャル『金メダルへの道 逆境を乗り越えて』」で、羽生のジャンプ専門コーチ、ジスラン・ブリアン氏が明かした。

   平昌五輪まで1か月の状況で苦しんでいた羽生。復活のきっかけは、1回転多い「トリプルアクセル」だった。

  • 羽生結弦(2014年4月撮影)
    羽生結弦(2014年4月撮影)

「いつもは練習しないダブルアクセルは失敗ばかりでした」

   ブリアン氏は2月16日のショートプログラム、17日のフリースケーティング両方のキス&クライで、羽生の隣に座って喜びを分かち合っていた人物。17年11月の右足関節外側靭帯損傷のケガから、4回転ジャンプを跳べるようになるまでの羽生を指導してきた。

   番組ではケガ明けで練習を再開した1月上旬の様子から明かした。この時は右足に痛みが残り、まだジャンプは跳べなかったという。ブリアン氏は「練習再開1週間で3回転や4回転ジャンプを簡単に跳べると思っていましたが、そうではありませんでした。ジャンプ練習の再開を待てば待つほど五輪が近づき、不安が増していきました」と当時の心境を明かした。

   羽生は五輪に間に合わせるため、痛み止めを使う決心をした。五輪まで3週間の1月中旬、ついにジャンプ練習を始めた。残された時間がわずかしかない中、徐々に回転数を増やした。

   だが、ダブルアクセルが跳べなかった。ブリアン氏は「いつもは練習しないダブルアクセルは失敗ばかりでした。体がトリプルアクセルの跳び方しか覚えていないからです」と振り返った。

   そこで、トリプルアクセルを跳んでみたらどうかと持ちかけたところ、これが功を奏した。「一発で決めました。羽生は『オーマイゴッド!』と言って笑っていました。このとき、大きな手ごたえをつかんだのです」と光明が差した。その数日後には4回転を跳んでいたという。五輪2週間前だった。

「自分を信じろ」

   練習拠点のカナダ・トロントから平昌入りし、世界中の報道陣を前に練習したのは2月12日。羽生はこの日、4回転ジャンプを跳ばなかった。番組では羽生本人が「僕の練習は、勝ちに来る選手たちにとって非常に大事なものだと思っていました。何かをするたびに、一挙手一投足すべてを報道される。それは最初から覚悟していたので、最初はすごく落とした練習をしていました」と話す。「心理戦」を繰り広げていたのだ。

   現地練習では4回転サルコウが思い通りに成功していなかった。だがブリアン氏は羽生に、「4回転を跳ぶ技術をもっている。心と体がそのイメージをもいっているはずだから自分を信じろ」と言ってきたという。羽生は五輪で、一度も転倒せずに金メダルを勝ち取った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中