2018年 9月 26日 (水)

「パラリンピック楽しもう!」 カンニング竹山発言にかみつく人たち

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山さん(46)がツイッターで、2018年3月8日から始まる冬季パラリンピックについて、「楽しみだぁ~!と何故言わない!」と発言しネット上で注目を集めている。

   障害を持つ子供の親などからは「ありがとうございます。たくさん応援します」といった感謝が寄せられる一方で、反発する声があるのだ。

  • カンニング竹山さんの発言が話題に
    カンニング竹山さんの発言が話題に

「勝った負けたで一喜一憂すればよいのだ!」

   竹山さんは18年2月26日、どこもかしこも「感動をありがとう!」などと平昌オリンピックのまとめをしていて、それはそれでいいのだけれど、

「オリンピックは終わったがさぁ次はパラリンピックだ!楽しみだぁ~!と何故言わない!」

とツイッターで苦言を呈した。平昌パラリンピックもトップアスリートの大会であり、障害者が頑張るから応援しよう、といった考えはいらないし、彼らの競技を心から楽しめばいい。

「勝った負けたで一喜一憂すればよいのだ!さぁ、パラリンピックも楽しもう!」

とツイートした。

   これに対し、竹山さんのツイッターには、

「竹山さん、ありがとうごさいます。もちろん、観ますよ。娘も障害者なので、たくさん応援します」(原文ママ)
「竹山さんのパラリンピックへの一言。 気のつく方だなあ、と思いました。 選手の皆さん、頑張ってください!!」
「まだまだ感動は続きます!毎回オリンピック終わるとその話題が出ますよね。メディアには引き続き取り上げて欲しいものです」

といった感謝や、多数の賛同のリプライが寄せられたのだが、ネット上の一部ではバッシングが巻き起こることになった。

障害を持った選手たちのガッツやファイトから目を背けるな!

   掲示板やツイッターでは竹山さんの発言に対して、

「楽しみじゃないからだよ。楽しみじゃないって考えはダメなのか?」
「なんか痛々しくて見てられないんだよね、差別するつもりはないけど、見たくもないもの無理して見ようとは思わない」
「こうやって強要するやつがいると否定する感情が生まれてしまうんだよな」

などといったことが書き込まれた。こういった否定的な書き込みに対しては、

「『楽しみじゃないから』というやつと友だちになりたくない 障がいを持った方のガッツやファイトから目を背けるなよ」

といった反論が出ている。こうしたネット上の議論に対して竹山さんは2月28日午後5時までに何の反応もしていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中