羽生結弦選手に国民栄誉賞授与へ

印刷

   平昌五輪のフィギュアスケート男子で2連覇を達成した羽生結弦選手(23)に対し、政府が国民栄誉賞を授与する方針だと2018年3月2日、各メディアが報じた。

   同種目では五輪連覇が66年ぶりであることや、けがを乗り越えて国民に感動を与えたことなどが理由。今後、有識者の意見を聞いたうえで正式決定される。国民栄誉賞の受賞は個人では26人目、最年少となる。スケート界では初めて。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中