2018年 11月 15日 (木)

米YouTuber、今度はスシローで迷惑動画 回転寿司レールにカメラ置き無断撮影...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京に住んでいる外国人YouTuberが、回転寿司のベルトコンベアにカメラを置き、そこから店内の様子を撮影した動画をアップした。国内ネットでは、衛生面や来店客のプライバシーの問題から、批判の声が寄せられている。

   動画が撮影されたのは、回転すしチェーン「スシロー」店内。運営会社の広報担当者は2018年3月9日、J-CASTニュースの取材に対し、動画は撮影許可を得ず無断で撮影されたものだと説明。「このような動画が掲載されたことは誠に遺憾です」とし、YouTube側に削除依頼をしたと明かした。

  • 手を振ってレール上のカメラを見送るYouTuber(画像は問題の動画より、編集部で一部加工)
    手を振ってレール上のカメラを見送るYouTuber(画像は問題の動画より、編集部で一部加工)
  • レールを進んだカメラから撮影された映像(問題のYouTube動画より)
    レールを進んだカメラから撮影された映像(問題のYouTube動画より)

カメラは店員に回収されて...

   問題の動画は、東京に住むアメリカ人YouTuber「TkyoSam」が3月6日、「Camera Goes on Japanese Sushi Conveyor Belt - TROUBLE!!!(日本の寿司コンベアにカメラを乗せてみたら...トラブルに!)」とのタイトルで公開したもの。

   動画は約7分の長さで、小型ビデオカメラ「GoPro」をスシロー店内のコンベアに乗せ、店内をぐるっと回る寿司の目線で来店客の様子などを映している。客や店員の顔に「ぼかし」などは一切なく、はっきりと表情が分かる。

   コンベアのカメラに気付いた客の多くは、笑顔でピースサインをするなど好意的な反応を示す。一方で、不快そうな様子で顔をしかめる客も。そのほか、カメラに向かって中指を立てる男性もいた。

   カメラは店内のコンベアを一周し、バックヤードで店員に回収される。その後、店員はネタを乗せる前のシャリやワサビなどの調味料が並んでいる調理台の上に、カメラをそのまま置いている。

   最終的に、カメラは男性店員が持ち主のYouTuberに返却。「アリガトウゴザイマス」とカメラを受け取ると、このYouTuberは同行者の外国人男性と2人で大笑いしていた。なお、動画の説明文では、

「心配しないで、店員は撮影後も変わらず冷静だったから」(原文は英語。編集部訳)

と軽い調子で伝えている。こうした書きぶりを見る限りでは、店側からは厳しい注意は受けなかった様子だ。

スシロー「許されることではございません」

   この動画は、公開から3日で40万回以上再生されるなど話題に。YouTubeのコメント欄には、外国人とみられるユーザーから「最高の小型カメラの使い方」「客の反応が可愛い」などと面白がる声が寄せられている。

   だが一方で、日本のネット掲示板などでは、

「迷惑だし衛生的にどうなのよこれ」
「プライベートを勝手に撮って勝手にアップされるのは気分悪い」
「これが原因で食中毒が出る可能性だってあるよ 生もの扱ってる店側としてはちゃんと注意するべきだったと思う」

と撮影内容を問題視する意見も目立っている。

   この動画について、あきんどスシロー(大阪府吹田市)の広報担当者は3月9日、J-CASTニュースの取材に対し、動画の撮影を許可した事実はないとして、

「このような動画が動画共有サイトに掲載されたことは誠に遺憾です。お客様にはご不快なお気持ちにさせてしまいましたこと心よりお詫び申し上げます」

と謝罪。YouTube側に対し、当該の動画の削除要請をしているとも明かした。

   その上で広報担当者は、

「ご来店いただいているお客様を許可なく撮影することはプライバシーの観点からも許されることではございません。さらには回転レーン上に不適切なものを設置することは衛生管理上許されることではございません」

と撮影者の行為を問題視し、「同様のことが発生しないよう、改めて各店舗に注意喚起いたしてまいります」とした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中