2018年 9月 24日 (月)

財務省が削除した「安倍夫妻」記述のすべて 「森友書き換え」78ページ公表

印刷

   財務省が森友学園の国有地売却をめぐる決裁書類を書き換えていたとされる問題で、財務省は2018年3月12日、17年2月下旬から4月にかけて、計14の決裁文書で書き換えが行われていたと発表した。

   財務省は、国会答弁との整合性を取るために書き換えを行ったとみられると説明。書き換えは理財局の判断で、政治家の影響は確認されていないとも主張している。ただ、書き換えで消されていた部分には、森友学園が開校を目指していた小学校で名誉校長を務めていた安倍昭恵夫人の名前が複数あった。安倍晋三首相の名前も、日本会議関係者として記載されていた。野党は、今回の事件が「アッキード事件」だとして、昭恵氏らの名前が消された経緯について、「忖度」問題などとの関連を含め追及を強める。

  • 経緯の欄には「森友学園籠池理事長と夫人が現地の前で並んで写っている写真を提示」と記されている
    経緯の欄には「森友学園籠池理事長と夫人が現地の前で並んで写っている写真を提示」と記されている
  • 安倍首相の名前も消されていた
    安倍首相の名前も消されていた

「森友学園籠池理事長と夫人が現地の前で並んで写っている写真を提示」

   財務省はこの日、書き換え前と書き換え後を並べた新旧対照表を公開。14の文書のうち、書き換えがあった部分を中心にまとめたもので、その分量はA4サイズで78ページに及ぶ。

   昭恵氏らの名前が消されていたのは、「普通財産の貸付けに係る承認申請について」と題した特例承認の決裁文書。15年2月4日版と同4月30日版がある。

   2月4日版では、「これまでの経緯」の項目で、14年4月28日に

「なお、打合せの際、『本年4月25日、安倍昭恵総理夫人を現地に案内し、夫人からは「いい土地ですから、前に進めてください。」とのお言葉をいただいた。』との発言あり(森友学園籠池理事長と夫人が現地の前で並んで写っている写真を提示)。」

という説明がある。森友学園側が昭恵氏の名前を利用しようとしていたことがうかがえる内容だ。

   15年1月8日の記述では、産経新聞のウェブサイトで、森友学園が小学校経営に乗り出している旨が報じられたとして、

「記事の中で、阿部(原文ママ)首相夫人が森友学園に訪問した際に、学園の教育方針に感涙した旨が記載される。」

とある。

「日本会議国会議員懇談会」副会長として安倍首相も登場

   この2つの記述は、4月30日版でも登場。さらに4月30日版では「『学校法人 森友学園』の概要等」という項目があり、当時は森友学園の理事長だった籠池泰典被告(65)=詐欺罪などで起訴=について

「『日本会議大阪代表・運営委員』を始めとする諸団体に関与している」

として、「日本会議大阪」を説明する中で、

「なお、国会においては、日本会議と連携する組織として、超党派による『日本会議国会議員懇談会』が平成9年5月に設立され、現在、役員には特別顧問として麻生太郎財務大臣、会長に平沼赳夫議員、副会長に安倍晋三総理らが就任」

と、安倍首相本人の名前が登場。さらに、

「(参考)森友学園への議員等の来訪状況」

の欄には

「平成26年4月 安倍昭恵総理夫人 講演・視察」

とある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中