2019年 8月 25日 (日)

タダでコンサート招待したのに「記事を書かない」 そんなメディアは非常識?主催者が不満爆発

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ゲーム情報専門メディア「4Gamer.net」が、自ら主催したコンサートにメディアを無料招待したにもかかわらず記事を書いてもらえなかったことに対し、ツイッターで「恨み節」を連発している。

   4Gamer.netを運営するAetas(東京都中央区)は2018年3月9日、人気ゲーム「ワンダと巨像」の作中曲をピアノやオーケストラで演奏するコンサートを東京・渋谷で開催。入場料は最も高いSS席で9000円、最安のB席でも6000円だった。

  • 「Music 4Gamer」のツイート
    「Music 4Gamer」のツイート

「某大手ゲーム媒体」から「4人を招待」

   4Gamer側は3月11日、コンサートの告知用ツイッターアカウントに「某大手ゲーム媒体から取材に来ていただけるというお話があった」と投稿。計4人の関係者を招待したメディアが取った行動に対する不満を切り出した。

   投稿によれば、コンサートの写真は主催者側で用意すると伝えたところ、取材を求めたメディアからは「記事にはできないが会場には行く」という返答があった。こうした相手の対応に対し、4Gamer側は「非常に困惑しました」。その上で、

「せめてTwitterで感想を述べていただけるのかな?と淡い期待をしていたのですが」

ともツイート。コンサートに招待したメディアが、サイトの記事やツイッター投稿なども含めて何の情報も発信しなかったことを臭わせていた。

   さらに4Gamer側は、

「媒体側の人間としては『ご招待いただくからには記事にする』のが、コンテンツそのものに対する最低限の礼儀であると考えており、記事として何らかの形でアウトプットするつもりもないのであれば、チケットを買うべきだと思っております」

との持論も展開。続けて「そうでもない方々がいらっしゃることに驚いている次第です」との皮肉を投稿し、4Gamer編集部の人間ですらチケットを買ってコンサートに入場したと説明していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中