2018年 7月 19日 (木)

稲村亜美「もみくちゃ騒動」なお波紋  「神対応」で済ませていいのか?

印刷

   中学生の野球大会で始球式を行ったタレントの稲村亜美さん(22)が、グラウンド上で数千人の球児に取り囲まれ「もみくちゃ」となった騒動が波紋を広げている。

   稲村さん本人は、騒動直後に「わたしは全く問題なく大丈夫です」とツイート。選手たちのけがを心配する投稿も寄せており、彼女の姿勢を「神対応」などと報じるメディアもある。だが一方で、こうした報道に違和感を示す意見も出ている。

  • 稲村亜美さん(2015年撮影)
    稲村亜美さん(2015年撮影)

運営は謝罪「決してあってはならないこと」

   騒動は、2018年3月10日に神宮球場(新宿区)で行われた野球大会の開幕式で起きた。大会は日本リトルシニア中学硬式野球協会関東連盟が主催したもので、稲村さんはジャンパーにショートパンツ姿で始球式を行った。

   始球式のマウンドに登った稲村さんの周囲には、大会に参加した202チームの球児がずらり。ハプニングが起きたのは、ボールを投げ終えた直後のことだった。

   始球式の様子を客席から撮影した動画をみると、稲村さんを遠巻きに見守っていた球児はマウンドの方向へとにじり寄る。こうした状況に、マイクを手にした稲村さんは少し焦った様子で、

「大丈夫?よし、落ち着こう!押さないで」

と声をあげる。しかし、その直後に球児たちは稲村さんの元へ殺到。マウンドは1分以上にわたって多くの球児が入り乱れる「もみくちゃ」状態となっていた。

   こうした騒動について、開幕式を主催した中学硬式野球協会関東連盟は12日、公式サイトに謝罪文を掲載。「稲村亜美さんや所属事務所の皆様に多大なご迷惑をおかけし、心よりお詫びを申し上げる次第です」などとした上で、

「選手が整列していた場所を離れ、あのように稲村亜美さん目指して殺到した行為は、 決してあってはならないことだと考えています。今回の行為についてその場にいた選手には、チームを通じて猛省を促すとともに、今後このようなことが起きないよう役員一同指導者、選手の教育を続けてまいります」

とも訴えた。

稲村さん「(球児が)体に触れるということはなかった」

   こうした騒動をめぐってネット上では、「集団痴漢にしか見えない」と球児たちを批判する声が続出。開幕式に参加していた球児とみられるツイッターユーザーが、「稲村亜美触った」「あの状況なら何をしても分からない」と投稿していたことも(現在はいずれも非公開)、批判を加速させる要因となっていた。

   ただ、当の稲村さんは騒動当日の10日夜、「今日神宮球場にいた選手の皆さんが心配してくれますがわたしは全く問題なく大丈夫ですよ」とツイート。さらに同日のインスタグラムでは、

「色々とハプニング?も起きてしまいましたが、みなさんのパワーが伝わってきてわたし自身は貴重な経験をさせてもらえました 怪我がなければいいことを祈ります」

と選手を心配するようなコメントを寄せていた。

   また、13日放送の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)に電話出演した際には、当時の状況について、「(球児たちは)近くにいたときに『握手してください』と言っていた」と振り返りつつ、

「(球児が)体に触れるということは全くなかったですね。動画がネットなどに流れてしまって、体を触っているみたいな情報が一人歩きしちゃったのではないかと思います」

と説明していた。

   こうした稲村さんのSNS上などでの対応について、一部のスポーツ紙は「稲村亜美、始球式後『触られ疑惑』も神対応」といった見出しで報道。また、騒動を伝えたニュースサイトの中には、一連の対応を「プロっぷりを見せつけていた」「『神スイング』ならぬ『神対応』」などと評していたところもあった。

「本人が大丈夫って言ってたからって...」

   だが、ネット上には、こうした報道について「本人が大丈夫って言ってたからって、周りが『さすがプロ!』みたいに終わらせるのはおかしい」との違和感を示すユーザーも。ツイッターやネット掲示板に、

「被害にあって声を上げないのがプロの対応だなんて歪んでるよ」
「波風立てず穏便に済ますのが日本では神対応なのか?声をあげていたら、訳のわからない屁理屈で被害者を責めるのか?」
「稲村さんの気丈なふるまいを『神対応』の一言で済ませるメディア」

といった意見が出ているのだ。

   また、今回の騒動を問題視するツイートを立て続けに投稿しているコラムニストの勝部元気さんは12日、騒動後の周囲の対応などを考えると「(稲村さん)本人は『大丈夫』と言うしか事実上選択肢が無いんだよ」との持論をツイート。

   その上で、本人の対応を「神対応」と報じたスポーツ紙の記事を紹介しつつ、

「ゲス極まりない報道。被害を告発しないことは『神対応』じゃねぇ」

とも投稿。さらに翌13日には、

「稲村さんの被害を告発しない対応を称賛する記事も多いけれど、腐った奴らを粛正しないほうが長期的に野球を貶める」

とも主張していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中