2018年 11月 17日 (土)

FW乾の代表落選にネット、ブーイング 本人は「外れたけど...」

印刷
糖の吸収を抑えるサラシノール配合。トライアルが500円+税で

   サッカー日本代表の欧州遠征メンバーが2018年3月15日に発表されたが、エイバル(スペイン)で好調のFW乾貴士が落選したことにインターネット上で議論が起きた。

   そんな中、本人はメンバー発表の数時間後にツイッターを更新。そこで語ったのは――。

  • ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(2016年8月撮影)
    ヴァイッド・ハリルホジッチ監督(2016年8月撮影)

「『1人で打開できる、違いを生める選手』を探していく」

   ヴァイッド・ハリルホジッチ監督はメンバー発表会見で乾に関して、「(原口)元気、宇佐美(貴士)、中島(翔哉)を彼の代わりに選んだ。ただ、乾はずっと追跡している」「乾は候補の中に入っている」と説明。

   選考基準も示している。「得点を取るのがまず基準になる。この前の試合は最後の最後で宇佐美、大迫(勇也)が点を取った」とし、「『得点を取れる選手』を追跡している。1年前に良かった選手をずっと信頼し続けるのではない。それは全員同じことで、『現在良い選手』を選ぶ」と強調した。

   また「1人で絶対的な大きな仕事をできる選手が前線と中盤で大事になる。個人で打開できる選手は必要になる。欧州チャンピオンズ・リーグ(CL)を見たが、バルセロナはメッシがいなければどうだったか。もちろん別次元の話だから比較はできないかもしれないが、『1人で打開できる、違いを生める選手』を探していく」と個の能力を重視。

   この点は「ロシアW杯の対戦国はそういった選手がいる。コロンビアにはハメス・ロドリゲスやファルカオ、ポーランドにはレヴァンドフスキやミリック。セネガルはマネがCLで3点取っている」と引き合いに出し、「違いを生み出せる選手が日本に必要で、テストして探さねばならない。W杯本大会では1試合に10回も得点チャンスはない。2、3回で1点とらないといけない」と述べた。

   乾はエイバルで今季、10日のリーグ戦28節までほぼ全試合に出場し定位置を確保。世界最高峰のスペインリーグで活躍を続けており、個人技でカットインからチャンスを生み出す打開能力にも長ける。得点数は4点とやや物足りないものの、ハリルホジッチ監督が名前をあげた原口は今季1得点にとどまっている。

   こうした事情もあってツイッター上では選外をめぐって意見が噴出しており、

「ハリル乾呼べやーー! W杯前最後の欧州遠征やぞ!」
「ハリルの選考基準わからん。。。乾外すかね。。」
「原口、宇佐美、中島を見たいけど、そうするとサイドアタッカーの枠がいっぱいになるから乾を外したということなのだろうか。だとしたらひとまず理解はする。するけど、だったら外すのは乾じゃないだろ」

と疑問の声が多数あがった。

「乾は計算が立つから」?

   ただ、

「乾は計算が立つから今回は中島(翔哉)宇佐美本田(圭佑)にチャンスを与えるために外したと思う」
「スコアが少ないから乾ダメ!っていうのは、手厳しいがうなずくしかない事実でもある」

と選外の理由を推察する向きもある。

   そんな中、乾本人は15日夕、

「代表は外れたけど、今日も楽しんで行きましょー」

と顔文字つきで投稿。クラブでチームメイトと戯れる写真をアップしており、前向きの様子だ。これには「W杯には必ず選ばれるはずです!!!頑張れ!」「切り替えが早い乾さん...本当に楽しそうなのが何よりです」といったエールが送られた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中