「財務省文書改ざん」は「佐川事件」なの? 自民・西田議員「命名」に異論が

印刷

   「『佐川事件』の真相究明ということがまず第一でありますから」――自民議員からこんな発言が飛び出したのは、野党不在のまま行われた2018年3月15日の国会だ。

   森友学園への国有地売却に関する財務省文書が書き換えられたこの問題をなんと呼ぶかは、発言者の政治的立場などによって揺れがある。にわかに国会の場に登場した「佐川事件」なるフレーズには、はたしてどのような思惑があるのだろうか。

  • 「佐川事件」は定着する?(写真は9日の野党合同ヒアリング)
    「佐川事件」は定着する?(写真は9日の野党合同ヒアリング)

麻生財務相を「追及」する中で...

   参院財政金融委員会は15日、改ざん当時の理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官の招致を求め、野党が欠席を続ける中行われた。前日14日に続いて質問に立ったのは西田昌司・参院議員、今後の公文書の取り扱いなどについて麻生太郎財務相を「追及」した。

   件の発言が出たのはその締めくくりの場面だ。

「引き続きこの問題は、『佐川事件』の真相解明ということがまず第一でありますから、早急にこの議会の方に報告していただきますように、重ねてお願いしておきます」

   一連の問題を報じる記事の見出しでは、「改ざん問題」(朝日新聞)「森友文書改ざん」(毎日)「『森友』書き換え」(読売)「森友改竄(かいざん)」(産経)といったフレーズが使われることが多い。そもそもの土地取得の経緯も合わせて「森友事件」、あるいは首相夫人の安倍昭恵氏の責任を追及する立場から「アッキード事件」とする向きもある。

   対して「佐川事件」という呼称は、西田氏の発言以前にはほとんど語られた痕跡がない。

   この発言に先立つ14日、与党は拒んできた佐川氏の証人喚問に応じる方針を固めている。さらに16日の衆院財務金融委員会では、太田充理財局長が、佐川氏は一連の改ざんを「知っていたと思っている」と回答するシーンも。政権・与党側が、佐川氏を突き放すような動きが続いている。

小林よしのり氏も「佐川事件」猛批判

   16日の「ひるおび!」(TBS系)で「佐川事件」を含む一連の動きについてコメントを求められた政治アナリストの伊藤惇夫氏は、

「ほとんど多くの国民の皆さんはわかってると思うんですよ。なんで佐川さん一人にかぶせるの? ここで止めようとしているの? 止めようとしているということはイコールその先があるからそれを止めようとしているんじゃないか」

と述べ、佐川氏に責任を負わせようとする動きに疑問を呈する。

   漫画家の小林よしのり氏も16日のブログで、こう主張した。

「佐川宣寿を最終防衛線にしようと、権力の番犬と化した西田昌司が『佐川事件』なんて名付けているが、馬鹿馬鹿しい限りだ。(中略)財務省の『決裁文書改ざん』=『民主主義の否定』に結び付いたもともとの原因は安倍昭恵であり、名付けるなら『アッキード事件』が最適なのだ」

   佐川氏の喚問について各メディアは、早ければ来週19日以降、あるいは再来週26日以降になるとの見方を示している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中