2018年 8月 21日 (火)

平昌パラ金・成田緑夢、YouTuberだった 「いぇーい!(メダル)獲れたー!」

印刷

   平昌パラリンピックのスノーボード男子バンクドスラローム(下肢障害LL2)で金メダル、スノーボードクロス(下肢障害LL2)で銅メダルを獲得した成田緑夢(ぐりむ)選手(24)。

   2006年のトリノ五輪に出場した成田童夢(どうむ)さん(32)、今井メロさん(30)の弟として知られるが、アスリートとしてだけでなく「YouTuber」の顔も持つ。今回のパラリンピックでも舞台裏などを積極的に伝えている。

  • 「成田緑夢アスリートYouTuber grim narita」(画像は成田選手のYouTubeチャンネルより)
    「成田緑夢アスリートYouTuber grim narita」(画像は成田選手のYouTubeチャンネルより)

報道陣に囲まれながらライブ配信

   成田選手は2018年3月16日、バンクドスラロームの大会を終えた後、

「結果は...金メダルでーす!いぇーい!」

   と、YouTubeのライブ配信でファンに笑顔で成績を報告した。「パラリンピック 金メダル獲得!?」と題されたその動画には、

「アスリートYouTuberどうでしょう。パラリンピックで金メダル獲れるかやってみた、みたいな。いぇーい!獲れたー!」

とはしゃぐ、無邪気な様子が映っている。周りを報道陣に囲まれながらの撮影で、しきりにカメラのフラッシュを浴びているのが確認できる。

   真剣勝負から一転、アスリートとは違うYouTuberの顔だ。これには現地で成田選手を応援していた兄の童夢さんも、

「おれの涙返せ(笑)初っ端から抱腹絶倒間違いなし!!! 改めて、おめでとう!!!」

とツイッターでコメントを寄せている。

   成田選手の動画チャンネル「成田緑夢アスリートYouTuber grim narita」では、このほかにも平昌パラリンピックの舞台裏を伝えたり、メダルを披露したりしている。その存在は徐々に知れ渡っており、

「これ、何気にめっちゃ貴重な映像」
「YouTuberが金メダリストになった、という感じですかね(笑)」
「パラリンピアンや各競技の魅力を紹介する『番組』さまざまある中、最高にホットな番組は、成田緑夢選手の配信番組ではないかと」

など評判を呼んでいる。

松岡修造さんとの対談動画「本当に熱いの!?」

   成田選手が動画チャンネルを開設したのはおよそ5か月前。そのきっかけを、初投稿の動画の中でこう語っている。

「僕は考えながらスポーツをするのが好きです。そして色んなデータを持っているので、そのデータを今スポーツをしていて悩んでいるとか、こういうところに行き詰っているという人たちとコミュニケーションを取りながら、僕の知っている知識をシェアして少しでも役に立てたらいいかなと思ってYouTubeを始めたいと思います」

   動画の種類は多岐にわたり、筋トレ法やアスリートの食事、けがの詳細を語ったものから、「スノーボードって何キロ出るの?やってみた!やばかった!!」「スノーボードしながら凧揚げできるの!?奇跡の映像になった!」といったYouTuberらしいもの、兄・姉について語ったものまである。

   平昌パラリンピック期間中も積極的に動画を投稿しており、選手村でのアスリート仲間との談笑やドーピング検査前の待ち時間、インタビューアーに逆インタビューするなど、他メディアではなかなか伝えられないディープな内容を独自に配信している。

   スポーツキャスターとして現地入りしている元テニス選手の松岡修造さん(50)が出演した「成田緑夢と松岡修造さん対談!?【本当に熱いの】!???」という動画もあり、競技にかける思いなど2人が熱く対談する様子を見ることができる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中