2018年 8月 19日 (日)

HIKAKIN、殺害予告にまで「神対応」 「気をつけて下さいね」と優しく注意

印刷

   人気YouTuberのHIKAKIN(ヒカキン)さんが、自身のツイッターに「殺害予告」が送られてきたとして、「僕が証拠を持って警察に行けば捕まる内容なので、気をつけて下さい」などと注意した。

   自らに「殺害予告」をしたユーザーを優しく諭すようなHIKAKINさんの対応に、インターネット上では、「マジで神対応」「やはり聖人」といった称賛の声が相次いでいる。

  • HIKAKINさん(2017年撮影)
    HIKAKINさん(2017年撮影)

「僕が証拠を持って警察に行けば捕まる内容」

   HIKAKINさんは2018年3月17日深夜、あるツイッターユーザーに対して「これ、殺害予告ですよ。。。捕まるやつです」とのリプライ(返信)を送った。問題の投稿はすでに削除されており、どのようなことが書かれていたのかは確認できない。

   この指摘を受け、HIKAKINさんに殺害予告をしたユーザーは「あ、バレました?」と返答。「ごめんなさい。流石に殺しはしないんですけど」と続け、HIKAKINさんの動画を「楽しみにしてます」などとも訴えていた。

   こうした返答を受けてHIKAKINさんは、

「ちなみに、先ほどのツイートは、僕が証拠を持って警察に行けば捕まる内容なので、気をつけて下さいね」

と優しい語調で改めて注意喚起。その上で、「殺すと言われた側は、本当か冗談かわからないものなので、怖いものなんです」とも伝えていた。

   殺害予告に対するHIKAKINさんの対応をめぐって、ツイッターやネット掲示板には、

「ヒカキンめっちゃ大人な対応で更に好きになった」
「殺害予告されても優しく注意するHIKAKIN様マジで神だろ」
「子供が真似をしないよう分かりやすく叱ってやる  なかなかできることじゃない」
「殺害予告されたヒカキンの対応神すぎるでしょ」

といった称賛の声が相次いでいる。

   なお、HIKAKINさんから注意を受けたユーザーは、「ハーイ ほんとごめん」と顔文字や絵文字付きで謝罪。こうした軽い調子の返信について、ネット上では「最低限のマナーを身に付けて」「あまり反省していないような」と問題視する意見も出ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中